<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

30 SEP 2005 Farewell Party For My Best Friends

GEOSで友達になった日本人のKojiと韓国人のMinJinが明後日からファームに行く。彼らの門出とお別れのパーティ。Kojiは日本人と話すときでも英語で話す。日本語をなかなか話さないことでちょっと有名だった。最初はちょっととっつきにくいやつだった。でも同じ歳でしかも横浜に居たときの住所がやたらに近いことが判明して以来すごく仲良くなった。彼は類稀なる変態系エロである。そしてなにか問題が起きたら、悩みがあったらKojiに相談すると必ず彼なりのアドバイスをくれる。彼は自分の将来の夢を持ち、それに向けて常にモチベーションが高い。そんなKojiに何度刺激を受けたことか。独特の雰囲気が放つオーラで彼の周りにはいつも友達が集まっていた。

そして彼はメルボルンを離れ、3ヶ月ファームステイをすることを決めた。ご存知のようにワーキングホリデービザの仕組みが変わり、政府指定のファームで3ヶ月以上働くことでビザを更に1年延長できる(つまり最大で2年オーストアリアに居ることができる)ようになったのだ。オーストラリアではファームで働く人の数が不足しており、それを補うための一つの方法だ。最近思うのは学校・ボランティア・バイト・恋愛・ファームステイ・ラウンド・旅行等、いろんなことに興味を持ち始めると1年だけではとても時間が足りなくて、そんな最中このワーホリ制度の仕組み変更は実に画期的である。なぜならワーホリビザは学生ビザや観光ビザと違い非常に有効的でオーストラリア滞在中は何でも出来るからである。とにかくKojiはこれを利用してビザ延長を目論んでいる。しかしファームステイは非常に過酷であると聞く。本来は金稼ぎを目的とする人が行くところであり、朝から晩までの肉体労働が必須だからだ。

MinJinもGEOSのクラスメイトで入学の日が同じだったこともあり、以来意気投合。彼は現在大学を休学中のワーホリメーカー。彼の話す英語はKorean特有のアクセントが強く、またしばしばHeとSheの区別が付いていない。誰かの話をしているときは男女関わらずたいていSheである。人見知りしない明るい外交的な性格で、自分の意見をしっかりもち、英語に対する向上心も見習うべきものがある。そんな彼も見た目は田舎からやってきた青年という感じで、その素朴なかんじが俺はとても好きだ。Kojiとルームシェアをしていて、Kojiと一緒に1ヶ月だけファームステイをし、そのあとはアデレードに移動するとのこと。

パーティはKojiとMinJinの家で開かれ総勢15人くらい。ポーランド人やアメリカ人も居て非常に多国籍に富む。2人に料理を振舞ってもらった。いずれにしても、いつも一緒に居た2人がいなくなってしまうのはとても寂しい。パーティは朝まで続いた。Good Luck! Koji & MinJin!
c0000751_15512714.jpg

[PR]
by natamine | 2005-09-30 15:51 | MELBOURNE

25 SEP 2005 ハッピー・バースデー・俺 & さよならTOR

本日29歳になりました。偶然にも同じ誕生日の友達がいて共通の友達と一緒にケーキを食いに。最近、たぶん25歳を過ぎたあたりから歳をとることに対してなんら抵抗感が無くなってきて、いやきっと来年の30歳の誕生日はすごく意識するんだろうけど。
c0000751_15535696.jpg

夜はLoungeで大切な友達の1人Torのお別れパーティ。タイからやってきたお金持ちのドラ息子TorとはGEOSのクラスメイト。いままで幾度となく一緒に酒を飲んで、特に恋愛の話で盛り上がり、お互い外国人の彼女が居たこともあって悩み相談をしたり。ホントそうゆう話はいくら話しても尽きないわけで。お互いに色んな刺激を受けた。コイバナとか世間話なんてなんの変哲も無いことだけど、国境・人種・文化の垣根を越えてお互いに分かり合えるというのは楽しいことだ。

Torの働いていたタイレストランに場所を移し、タイ料理の数々が振舞われる。タイ料理はうまいなぁ!やっぱタイだな。タイに行くしかないな。Torは帰国次第大学に復学し卒業後はアメリカの大学に進学するらしい。次にTorに会えるのはいつの日かな、そしてお互いどう変わっているのかな、そんなことを考えるのも楽しい。Nice to meet you & See you soon, Tor.
c0000751_1549516.jpg

[PR]
by natamine | 2005-09-25 15:46 | MELBOURNE

22 SEP 2005 Brisbane再び そしてMelbourneへ

この旅もいよいよ最終日。ティファニーならぬ、「マックで朝食を」。もちろん爽やかな朝にはホットケーキとビールがよく似合う。
c0000751_20285327.jpg

今日は天気も良く昨日よりも気温が高め。足だけ海に浸かる。どうせだったら無理してでも泳ぐんだった。。。
c0000751_20295375.jpg

ブリスベンに戻り、とあるカレー屋に入る。この1週間米を全く食べていなかったので無性に米が恋しくなりカツカレーとからあげカレーをオーダー。
c0000751_20322696.jpg

午後3時、再びHaruちゃんと合流しブリスベンの溜まり場「JoJo’s cafe」へ。メルボルンでの再会を約束しビールで乾杯。いいかげんしつこい。この旅で俺は完全にビール腹になった。
c0000751_2049397.jpg
c0000751_20572491.jpg

帰りは飛行機でメルボルンまでひとっとび。格安で知られるバージン・ブルー航空を利用。片道$141。国内線なのでもちろん入国審査など無し。チェックインから登場ゲートまでわずか15分ほど。非常に簡略化されている。2時間半のフライトを終え、Junichi & Tomonariの「ケバレンジャー」2名は無事任務を遂行しMelbourneへと帰り着いたのだった。
c0000751_20375974.jpg

[PR]
by natamine | 2005-09-22 20:23 | MELBOURNE

21 SEP 2005 Gold Coast

9時起床。このYHAはカフェテリアを備えていて、ソーセージ&目玉焼きの朝食を頂く。もちろん朝からビールは欠かせない。韓国系オーストラリア人のおばちゃんとアボリジニーのおばちゃんに朝から絡まれる。初めは和やかに会話していたが、次第に語調が強くなり「世の中金金金ばかりでうんざり、金なんかくそくらえだ、神を信じなくて何を信じる、人間はこう在るべきだ、お前ら…etc」とにかく世の中を痛烈に批判し、汚い言葉を連発し、有り得ない理想論を並べ立てる。そのあまりに一方的にたたみかける文句の数々とネガティブな価値観にうんざりさせられる。負の思考からは何も生まれやしないのに。なんだか朝から気分を害された感じ。さっさとチェックアウトだ!
c0000751_19324568.jpg

Roma Stationから列車に乗り約1時間半、言わずと知れた国際的ビーチリゾート・ゴールドコーストへ。Surfers Paradiseに到着するや、偶然にもNavi Tourを発見。早速荷物を預けてビーチへ繰り出す。ホントNavi Tour様々だわ。今回の旅ではかなり役に立ってます。
c0000751_1934338.jpg

延々とビーチが続きSurfers Paradiseには高層ホテル群が立ち並ぶまさにリゾート。日本からの観光客も多く、沢山の日本人を見かける。現在はまだ夏ではないので泳ぐにはまだちょっと早い。
c0000751_19353473.jpg

小腹も空いたところで「そろそろケバりますか?」を合言葉に、KEBAB屋を探す。いとも簡単にナイスなケバブ屋を発見。しかもKEBAB+1ドリンクで$5という安さ。味・値段共に5つ星。「シドニー・ブリスベン・ゴールドコースト3大都市周遊ケバブ巡り」も見事にコンプリート。
c0000751_19372764.jpg
c0000751_19383172.jpg

Surfers Paradiseからバスで10分ほどのところにSurfers Paradise YHAはある。今回は3人部屋のDoomだがどうやら2人だけのようだ。部屋はすべて2階にあり1階はBarになっている。
c0000751_19405368.jpg

YHAの隣には「Marina Mirage」というショッピングセンターと「Mariners Cove」というヨットハーバーがありとてもお洒落なスポットだ。個人所有のボートが数多く停泊していて、若大将こと加山雄三ばりにパチリ。さらに例の如くビール。とにかくビール三昧。
c0000751_19414960.jpg
c0000751_19434427.jpg

Surfers Paradiseに戻り夜のビーチを散策。ここは夜も活気があって、ビーチに巨大スクリーンが設置され映画を鑑賞することが出来る。キルビルを上映してたな。夜のビーチバレーもなかなかオツなもんだ。
c0000751_19463387.jpg
c0000751_19485319.jpg

メインストリートでは大道芸人もいたりして夜のSurfers Paradiseを盛り上げる。「巨泉のオーケーギフト」という完全日本人向けのおみやげ屋を発見&買い物。まさかこんなところで大橋巨泉の店に遭遇するとは。。。晩飯は「La Porchetta」という有名なイタメシ屋(死語)でPizza・Pasta・Beerをオーダー。YHAに戻りビールでゴールドコーストに乾杯だぁ!
c0000751_1951590.jpg
c0000751_19533273.jpg
c0000751_2063573.jpg

[PR]
by natamine | 2005-09-21 20:00 | MELBOURNE

20 SEP 2005 Brisbane

早朝6時半無事にブリスベン着。荷物を預けるために、これまた予約しておいたYHA BRISBANE CITYへ直行。すぐに市内観光へ出掛ける。まずは腹ごしらえに朝食を。Red RoostersでEgg Muffinを購入しカフェで早朝ビール。今回の旅はドリンクは必ずビールである。
c0000751_105889.jpg

朝っぱらから顔をほんのり赤くしながら、シティホール・アンザック広場・旧風車小屋を一気に制覇。ブリスベンはメルボルン同様観光の街ではない。街の規模も小さいし主な名所は大体歩いて周れる。そのぶん勉強するにも暮らすにも住みやすい街だ。
c0000751_1124744.jpg

c0000751_1162121.jpg

バスに乗りMt.Coot-thaへ。ブリスベンの街を一望出来る。これもまたカップル向きだねぇ。夜景なんて見たらきっとイチコロなんだろうねぇ。Tomonariはここでジンジャービールを買うがノンアルコールビールであることにあとで気付く。メルボルンから遙か1600km北上してきただけあってブリスベンは日差しが強く暑い。既に南国気分だ。
c0000751_11175436.jpg

c0000751_1172224.jpg

CITYに戻り昼食。もちろんKEBABを食す。ここもアタリだ。実は街中にKEBAB屋がいくつもある。そしてとにかく飽きの来ない味と絶妙な満腹感。メルボルンで食ったKEBABがあまりにもハズレだったとしか言いようが無い。一旦YHAに戻りシャワーを浴びて洗濯をして1時間ほど仮眠を取る。ちなみに今回はツインルームで1人$28だ。
c0000751_1183591.jpg

午後4時にTomonariの友達Harumiと合流。なんと彼らは会社の同期で偶然同じタイミングで渡豪。2年半ぶりの再会らしい。なんともすごい縁だなぁ。とりあえずHaruちゃん行き付けのJoJo’s Caféへ。ビールとマッシュルーム・チップスで再会を祝す。TomonariとHaruちゃんは日本で某ソフトウェア会社のシステムコンサルタント。4年間の激務を戦い抜き渡豪。Haruちゃんの現在通っている語学学校は完全母国語禁止らしく、もし日本語を話しているところを先生に3回見つかると退学という厳しさ。色んな学校があるもんだ。
c0000751_11102198.jpg

1時間後、俺の友達Chihoちゃんも合流。約10ヶ月ぶりの再会。ずっと電話で連絡は取り合っていて、俺がずっと会いたかった人の1人だ。しかし彼女が登場するやいなや、あまりのハイテンションぶりに俺も含め3人は絶句&若干引き気味(笑)オーストラリアで人格が変わってしまったのかと疑ってしまうほど。どうやらここ1週間でとても楽しいことがあったらしく相当ハイになっているらしい。とにかく明るいところが彼女のチャームポイント(死語)だ。
c0000751_11314118.jpg

このあと4人で水上バスに乗りCityビル群の夜景を眺めながらブリスベン川を遊覧。シドニー・ブリスベン・メルボルンに共通するのは市内中心部に海や川が流れていてそこを遊覧する船があること。自分の中の勝手な定義だが、俺は水のあるところとそれを囲む街の融合具合が好きで、次はやはりイタリア・ベニスだな、などと思いを馳せる。
c0000751_11144488.jpg

Haruちゃんオススメのトルコ料理屋へ。お洒落で値段もリーズナブルで美味しい。Chihoちゃんは明日朝イチの飛行機でケアンズに出発するとのことで、1ヵ月後にメルボルンで再会を約束し別れを告げる。俺とTomonariはボトルショップでBrisbane特産のXXXXビール(フォーエックスと読む)を買い、YHAに戻りブリスベン初夜を祝う。
c0000751_1116268.jpg

[PR]
by natamine | 2005-09-20 10:55 | MELBOURNE

19 SEP 2005 Bondi Beach

YHAを10時にチェックアウト。重たい荷物を受け付けで預かってもらおうと頼んだところどうやら有料のロッカーを使えとのこと。決して安くない。有料ロッカーはパスして俺らはここから徒歩10分、CITY中心部にある日本の旅行エージェント「Navi Tour」を目指す。Navi Tourはメルボルンにも支店があり、実は昨日のブルーマウンテンツアーも予めメルボルンのNavi Tourで予約していたのだ。そしてツアーを申し込むことでNavi Tour会員になることが出来、特典として無料インターネット、無料荷物預かりサービスを受けることが出来る。俺たちはNavi Tourを十二分に活用する。いやホント、これはありがたいわ。
c0000751_11262177.jpg

身軽になったところでTrainとBusを乗り継ぎ「Bondi Beach」へ。9月のシドニーは気温20度前後と海にで泳げるほどではないのだが、Cityから30分ほど離れたところにあるので気軽に行けるビーチエリアとして親しまれているようだ。まばらだけどサーファーもちらほら。トップレスビーチとして名高いここボンダイビーチ(ク)。夏の到来が待ち遠しいですなぁ。ビーチを見渡せるカフェにてオーストラリア名物(?)フィッシュ&チップスとビールをオーダー。
c0000751_11173374.jpg

CITYのNavi Tourに戻りインターネットをやる。ついでに同じビル内にあるGeos Sydneyキャンパスを見学。妙に騒がしい学校だった。ここもアジア人が大半を占める。まあどうってことはなかった。
c0000751_112327.jpg

シドニーは3日あれば観光としては十分。ブリッジクライムやオペラ鑑賞等やり残したことはあるがそれはまたの機会にリベンジということで。16:55シドニー発ブリスベン行きの夜行列車に飛び乗る。もちろん夕食はケバブをテイクアウェイし、列車内で悠々とビールを飲む(今回は万全を期し車内販売ビール)。ブリスベンまでの14時間の道程は果てしなく長い。電車やバスでなかなか寝られない俺は、隣でぐうすか寝るTomonariを横目に浅ーい眠りについた。
c0000751_11241656.jpg

[PR]
by natamine | 2005-09-19 11:00 | MELBOURNE

18 SEP 2005 Blue Mountain

ブルー・マウンテン国立公園を巡る1dayバスツアー$55に参加。朝8時15分にYHA前でピックアップしてくれる。ツアー参加者は15名程度でオージーだけでなく色んな国から来た人も参加しているようだ。ブルー・マウンテンはシドニーから車で約1時間半という近さにあり、観光客に最も人気のある日帰り観光スポットの一つ。バスに乗り込むと参加者全員が一人一人簡単に自己紹介。そしてバスの運転手はもちろんガイドもこなす。車内で流す音楽は彼持参のオリジナルテープでRock Music。
c0000751_904665.jpg

ブルー・マウンテンに直行すると思いきや、どうやらその前にいくつか別の観光スポットを廻るようで、最初に訪れたのは「Sydney Olympic Park」。もちろん2000年シドニー・オリンピックが開催された聖地である。
c0000751_8372878.jpg

次に訪れたのはちょっとした山奥にあるキャンプ場のようなところ。ここには野生のカンガルーがいて人間慣れしているのか近づいても逃げようとしない。しかしこの2箇所はツアーには含まれていると思っていなかったのでラッキーである。こうゆうアレンジメントはガイドが自分で考えているのかもしれない。
c0000751_8381569.jpg

そしていよいよブルー・マウンテン国立公園へ。Echo Pointと呼ばれる展望台から見渡す景色はまさに絶景。いかにもオーストラリア的なかんじで、日本ではなかなかお目にかかれない風景だ。見渡す限りユーカリプタスの木が生い茂り、その樹木が放つオイルが反射して青く見えることからその名が付いたブルー・マウンテン。写真手前に見える3つの奇岩は「The Three Sisters」と呼ばれている。
c0000751_8391062.jpg

バスに乗り5分ほどのところに「Scenic World」というところに行く。ここからは原生林ウォーキングツアー。ひたすら山道を下り途中途中にある滝や岩について色々説明してくれる。断崖絶壁の道を歩いたり、とても急な道を下ったりと意外とハード。年配の参加者もいたので大丈夫かなと心配しつつ自分が結構バテていたりする。。。
c0000751_8413687.jpg

約45分間山を下ったところにScenic Railwayと呼ばれるトロッコ列車がありこれで一気に頂上まで駆け上る。世界一の傾斜を誇るトロッコらしく、スピードもありかなりエキサイティングな乗り物。岩間から見えるブルーマウンテンも迫力満点。
c0000751_8403935.jpg

ブルーマウンテンの近くにある「Katoomba」という街で1時間のランチタイム。とても小奇麗でかわいい街並み。各自適当に昼食を。俺らはとあるKEBAB屋に入る。ケバブとはトルコ料理の一つでありピザ生地の上にキャベツ・トマト・玉葱・肉(ビーフ・チキン・ラム・ポークの中からチョイス)を入れ特製ソースをかけくるくるっとロール状にして食べるファーストフードのようなもの。サイズがとても大きいのでひとつでも十分おなかいっぱいになる。メルボルンでもケバブは2度ほど食したことはあるが、ここのケバブは肉にしっかり味付けがされていて超ウマー!!この味に感動を覚え、以後ケバブを食いまくる「ケバブの旅」になろうとは誰が予想したであろうか。俺等はそんなことを知る由もなかった。
c0000751_911727.jpg

このあともツアーは続く。ガイドの計らいにより別の見晴らしポイントに連れて行かれる。なんとまたもやウォーキングツアー。食後のエクササイズとしては適度な30分のウォーキングだったが俺の足腰はすでに砕けていた。。。ここで食べたソフトクリームは濃厚クリームで甘さ控えめ。疲れを癒す。ガイドは「なんならもうひとつオプションがあるけどどうする?」みたいなことを言い出し、まじぃ?勘弁してぇ~と思いながらどうやらそれは冗談だったらしく、ようやく帰路に着く。夕方5時にYHAへ到着。なかなか盛り沢山なツアーで楽しかった。
c0000751_844858.jpg

夕食は前日に引き続きまたもやステーキ屋へ。今夜はグリルドチキンステーキ&ビールをオーダー。非常に芸の無いように思われるがオーストラリアはこれといった伝統的な料理がないため結局アジアンレストラン等に行くことが多い。食後は夜のシドニーを散策。「聖メリーズ大聖堂」の前でパチリ。
c0000751_845760.jpg

そして南半球最大の歓楽街とされる「キングス・クロス」へ。日暮れと共にナイトライフを楽しむ観光客や地元人が集まると聞き足を延ばす。しかし以外としょぼい。。正直ススキノや歌舞伎町のようなところを想像していたのでその規模の小ささにちょっとがっかり。CITY中心部に戻ると、「富士屋」というジャパニーズ居酒屋を発見し衝動に駆られ入る。メニューはまさしく居酒屋そのもので、久しく食していないホッケ・餃子・たこわさ・ざるそば・チューハイをオーダー。ううーむ、、、たこわさ・ざるそばはOKとしよう。しかし餃子はチンしただけ、ホッケはこんなに小さいホッケがいたんだ、ノンアルコールと疑ってしまうジュースのようなチューハイ。。。こうゆうところは日本の味が恋しくなった時だけでいいな。
c0000751_8461889.jpg

居酒屋での2次会が不発に終わったあとは夜のDaring Harbourへ。夜景もステキ。シドニーはカップルで遊ぶところがいっぱいあって観光するにはもってこいの街だ。住むとなると話は別だが。やはりなにもかも値段が高いのと都会過ぎて疲れてしまいそうだ。このあとカジノへ繰り出し(ゲームはせずに雰囲気だけを堪能)、シドニー2日目もあっという間に終わる。
c0000751_8482083.jpg

c0000751_849623.jpg

[PR]
by natamine | 2005-09-18 08:28 | MELBOURNE

17 SEP 2005 シドニー観光

早朝6時半Sydney Central Stationに到着。ここもシドニーに発着する長距離列車の起点となる駅である。
c0000751_23433487.jpg

c0000751_06584.jpg

まずは駅のすぐ隣にある「SYDNEY CENTRAL YHA」へ。予めインターネットで予約していた本日の宿である。1泊1人$28と少々お高め。シドニーは何もかも物価が高いのである。Back Packerに泊まる事も考えたが、YHAの方が清潔感と安心感があったので今回の旅は全てYHAに泊まる事にした。とりあえず荷物だけでも預かってもらおうと、受付に行くと「もうチェックインできるよ」と言われ早速部屋へ。Doomと呼ばれるいわゆる相部屋で、俺らの他にはブラジル人とインド人の計4人。悪そうな人ではなさそう。部屋もまあまあだ。早速市内観光へと繰り出す。
c0000751_234586.jpg

CITY中心部にある「Hyde Park」。ここには第一次世界大戦の戦没者を慰霊するアンザック戦争記念碑など歴史的記念碑がいくつもある。手前が「Captain Cook」の像、奥に見えるのが「Sydney Tower」である。
c0000751_23455778.jpg

「Circular Quay」はシドニー湾を目の前に左手に「Harbour Bridge」、右手に「Opera House」を見渡せる場所。なんといってもここシドニー・ハーバーは世界三大美港のひとつであり、いやホント、、、海・空・橋・街すべてがマッチしていてすごく綺麗だ!
c0000751_2348475.jpg

オペラハウスも写真やテレビで何度見たかわからない。ついにホンモノとご対面。残念ながら本日は特に催し物はやっていなかった。
c0000751_23484561.jpg

「ROCKS」ここは1788年にイギリスから多くの兵士や流刑人が上陸したシドニー最初の入植地。シドニー発祥の地とでもいうのかな。現在は歴史ある街並みで高級ショップやレストランが立ち並ぶ。また狭い路地も多く表通りから見えない場所に隠れるように小さなおみやげやさんがあったりする。とあるみやげ屋で絵葉書を購入したところ、どうやら店員は日本人らしく、Tomonariはすべて日本語で応対されたようだ。しかし俺は英語。やはり俺は韓国人に見えるのかな。。。
c0000751_23493666.jpg

今日(土曜日)はちょうど「The Rocks Market」というのがあり多くの露店と客で賑わっていた。
c0000751_23504029.jpg

昼飯にピザとラザニアを食らう。いずれも$12くらいで少々高いが味はすごくよい。
c0000751_2352535.jpg

「Circular Quay」からフェリーに乗って「Daring Harbour」へ。所要時間20分だが海上から眺めるHarbour Bridgeも美しい。
c0000751_2352484.jpg

c0000751_23533658.jpg

「Daring Harbour」にてTomonariの友人Mao&Keiと合流。彼らは以前メルボルンに住んでいて1ヶ月前からシドニーに住んでいる。Maoは俺と同じ歳でワーホリ。Keiは現役大学生で現在休学中で同じくワーホリ。とりあえずカフェに入りビールを注文。オーストラリアのいいところは時間帯に関係なくアルコールがどこでも飲めることだ。カフェからのシドニーの高層ビル群の眺めもなかなか素晴らしい。
c0000751_23543134.jpg

c0000751_2355872.jpg

モノレールに乗り「Market City」(写真右手奥)へ。ここはメルボルンで言うところのVictoria Marketみたいなところで食品・おみやげ・雑貨など様々なアイテムが揃う。Victoria Marketよりも品質・品揃えはよいかんじ。
c0000751_23555138.jpg

チャイナタウン(写真)・QVB・タウンホール・映画マトリックスの撮影で使われた場所なんかも案内してもらう。
c0000751_2356378.jpg

晩飯はMao&Keiがよく行くという「Star Bar」というところへ。ここのウリは$5.95ステーキ。1ドリンクオーダーが必須だがそれでも$10程度で非常にリーズナブルである。Porter House Steakとビールをオーダー。味は普通だけどメルボルンにもこうゆう安くてお手頃なレストランがあるととても便利なんだけどなぁ。ここは土曜日はドリンクが全て$2.5になり食後は更にビールを飲む。こうしてシドニー1日目の夜は更けていくのだった。
c0000751_23571571.jpg

c0000751_23583093.jpg

[PR]
by natamine | 2005-09-17 23:58 | MELBOURNE

16 SEP 2005 シドニー行き夜行列車に乗り込む

かねてより企画していたSydney - Brisbane - Gold Coast 3都市周遊の旅。旅のメンバーはナポリジニーこと私とコリアンハンターの異名を持つTomonari。夜7時55分Melbourne発Sydney行きの夜行列車に乗り込むべく、長距離列車発着のSpencer Street Stationから旅はスタートする。
c0000751_2331754.jpg

乗車するやいなや、元サラリーメンよろしくとばかりにビールとつまみで旅の門出を祝い乾杯!、、、がしかし、乗車券を拝見しに来た車掌がビールを見て「お前ら、何飲んでるんだ?」と問う。もちろんおビールですよ。みりゃわかるでしょ。そして車掌は突然パンフレットのようなものを差し出し列車内にビールを持ち込むことが禁止されていることを警告する。「し、知りませんでしたぁ。。。」しかし車内販売ではビールも売られているけど、、、どうやらLightビールならOKとのこと。「全部で何本持ってきたんだ?」「6本でつ」「今飲んでいるのが終わったらすぐにカバンにしまいたまえ、さもなくば・・・(以後不明。危険であることを意味していたと思われる)」。なんとしたことだ、早速出鼻を挫かれてしまったではないか。しかしそう簡単に諦めない俺達は隠しながらちびちびとビールを飲むのだった。シドニーまでの乗車時間は12時間もあるというのに飲まずにはいられないっっしょ!
c0000751_23385595.jpgc0000751_2339207.jpg
[PR]
by natamine | 2005-09-16 23:29 | MELBOURNE

15 SEP 2005 な、なぬー!?

メルボルンとロサンゼルスが次のテロの標的のようだ、、、し、死にたくない!!ってゆうかなぜシドニーではなくメルボルン!?ということで明日からシドニー&ブリスベンに旅行に行ってきます。
[PR]
by natamine | 2005-09-15 16:24 | MELBOURNE