カテゴリ:DIARY( 38 )

マウントレースイ

夕張マウントレースイスキー場にスノボに出掛けることに。今日もヤンマ○と2人で遊ぶ。決して友達がいないわけではない。1月も6日となると世間じゃとっくに仕事が始まっており、休みなのは俺等ぐらいなもんで。。。ヤンマーは冬道を運転したくないと言うので、仕方なくウチのカリーナ(2WD)を出動させる。つうかヤンマーのNOAHは四駆だったよね、、、まぁいいや。

夕張はウチから車で1時間強で行けるので下手に札幌市内のスキー場へ行くよりも道もすいてるし全然近いのだ。それにスキー場の規模のわりにはリフトの数が多く輸送能力はかなり高いとみる。スキー場に着いたのは1時を過ぎてたこともあり「リフト4時間+温泉付きパック券」¥3500を購入。平日だったこともありガラガーラ。スキー場ギャルも非常にまばらだ(泣)このスキー場は標高が低いので吹雪になることはあまり無いのだが、その分積雪も少なくアイスバーンがところどころに点在する。なのであまり滑り心地は良くないのよね。結局3時間ほど滑りまくって暗くなってきたので退散。
c0000751_2212727.jpg

温泉はスキー場横にある「レースイの湯」。露天は雪景色の中なので寒いのと熱いのがいっぺんに楽しめて楽しい。そして気持ちいい。これが結構長湯できちゃうんだよねぇ。すっきりさっぱりしたところで帰宅。晩飯は地元に戻って「一国堂」というラーメン屋へ。初めて行ったけど結構旨いな!ここはチェーン店ということもあり結構酷評が多いのだが俺は非常に好きな味だ。醤油はちょっとしょっぱいけど背脂たっぷりでかなりコテーリ。角煮に至っては巨大なやつが3つも乗っかっていて箸でくずれるほどのやわらかさ。北海道のラーメンでは「すみれ」「てつや」に匹敵すると思っているのだが。このあと白木屋→ソングパークというゴールデンコースも視野に入れていたのだが結局疲れたので北海道ラストの夜も早々と解散、11時に就寝しましたとさ。
c0000751_2213867.jpg

[PR]
by natamine | 2005-01-06 01:42 | DIARY

魚や一丁

新春初売りセールでTシャツと上着をゲッツ。いい買い物できました。6時にヤ○マーと札幌駅で待ち合わせてJR高架下にある「魚や一丁」で飲む。やっぱ北海道といったらココに決まりだべさ。安い・美味い・早いの3拍子そろってるもんね。そしてやっぱり北海道は関東に比べ、食い物がうまいし、安いと実感する。ここは生ビール中ジョッキ370円ですよ。牡蠣鍋、ジンギスカン短剣焼き、ラーメンサラダ、玉にんにく揚、鯨ベーコンを注文。ほどよく酔った所でなぜか元カノを呼ぶ事に。やっぱ男同士で飲んでると女の子呼びたくなるわなぁ(笑)ちょうど8:30に仕事が終わるとの事。ついでに仕事場の友達も連れてきていい?との連絡が。もっちろん!二つ返事でOKさ。普段は人見知りするヤン○ーも今日は調子がいいのかいつもの"ヤンマー節"が炸裂。「けっこうどうでもよかった」とは後日談。たのしけりゃいいっしょや。
c0000751_1920868.jpg

[PR]
by natamine | 2005-01-05 23:01 | DIARY

富良野2

c0000751_9331597.jpg富良野2日目。俺は言わずと知れた北の国からフリークである(いや対して詳しくもないのだが)せっかくなのでロケ地探訪へと繰り出す。まずは「三日月ラーメン」'84夏の終盤のシーンで黒板家族が訪れたラーメン屋。「子供がまだ食ってる途中でしょうがぁぁ!」のセリフはあまりにも有名だ。近年は北の国からブームにより店は大繁盛らしくお客さんはひっきりなしに来る。地元の人・スキー帰りの人・北の国からオタクの人等様々。

c0000751_9345071.jpgぶっきらぼうな女店員が「何になさいます?」と仏長面で聞く。俺は醤油ラーメンをオーダー。まさにドラマを彷彿とさせるシーン。嬉しいやら悲しいやら(笑)まさかこれもファンサービスの一環か?だとしたら彼女はかなりの演技派女優。リアルなあのシーンを思い出さずにはいられないのだ。で、味はカツオだしが効いた非常にあっさりしたラーメン。あっさり系に興味の無い俺もなぜか惹かれてしまう一品でした。

c0000751_947214.jpgこのあと車を郊外へと走らせる。まず見えてきたのは草太兄ちゃんの牧場(現在フェニックス牧場)、さらに純が通っていた中の沢小学校分校(写真参照)、「'87初恋」のヒロインれいちゃんの家を立て続けに発見。実は俺は今回のゆかりの地めぐりで一番行きたかったのは純とれいちゃんがびしょ濡れになって入った山小屋。あそこで尾崎豊の「I LOVE YOU」をウォークマンで聞く予定だったのだが、、、前日タクシーの運ちゃんにあれはもうないよと言われていたのだ。

c0000751_104564.jpgでも道を走っているとそれらしき山小屋は広い平原の中にぽつぽつと見える。ジモティのS田もその小屋は見たことが無く、発見に全力を尽くしてくれたのだが、ついにその小屋は見つからなかった。非常に残念。今度は麓郷を方面を目指す。まずは「'02遺言」で使われた「拾って来た家」(写真参照)入場料200円を取られる。完全観光地化されている。ここには実際のドラマでは出てこない純と結ちゃんの新居となる家もある。

c0000751_10171537.jpgこれはもしや続編があるのでは!という期待も抱かせる。家の中のセットも見ることができる。さらに吉岡秀隆と内田有紀の富良野での結婚式の写真もありファンにとってはかなり楽しいのだ。お土産屋でふらのぶどうジュースを購入。濃厚コクウマ。次なる目的地は「麓郷の森」。純が屋根につくった風車発電もそのまま残る家(写真)、'83夏で正吉が燃やしてしまった丸太小屋が残っている。しかし残念な事に家の中の柱や壁には多数の落書きが・・・。

c0000751_1026062.jpgストーブの上にはタバコの吸殻。誰だこんなところにだばこ捨ててのは!火事になっちまうじゃねえか!心無いファンのせいでせっかくの遺産が台無し。マナーだけは守って頂きたいです。このあと「布部」という駅へ行く。第一話で家族が最初に降り立った駅がここ。「北の国から此処に始まる」との倉本聰 の看板が。ここらで日没コールドゲーム。まだまだ見ていないロケ地は数多く存在する。これはまた夏に来なくては!写真は薪をくべる純役のS田と風呂につかる五郎役の俺。

c0000751_1221476.jpgお世話になったS田のご両親にご挨拶をすべく札幌で買ったお菓子を持ってS田実家へ。2年前に家を建てたらしいのだがTVも民放が入らないほど山奥。でも深々と降る雪と自然の豊かさにただただひれ伏すのみ。大豪邸でしばし談笑。このあとS田ご両親も良く行くという「北時計」という喫茶店へ。ここは「'95秘密」で宮沢りえ役のシュウが純に自分の過去を告白した場所。とても落ち着いた喫茶店でママは元女優。店員の女の子も可愛い(笑)

c0000751_10472811.jpgグリーンカレーを食す。独特な香辛料の香りと辛さ。スープカレーっぽくておいしかった。食後にチーズケーキとコーヒーを頼んだ。程なくしてS田ご両親も登場。仲良くカウンターに座り他のお客さんと新年の挨拶をして談笑している。ステキな夫婦。そしてコーヒーを飲んですぐに帰る二人。おやじさんがこちらのテーブルへ来て「また富良野にいらっしゃい」と言って俺らの伝票を持ち去る。「いやいやいや、そうゆうわけには」と発した俺の言葉を遮るように帰っていった。

c0000751_10512116.jpgお世話になりっぱなしの今回の富良野の旅。ありがとう!楽しかったです。再来年の夏にでもバイクツーリングしようかなぁ。
しかし帰り道はひどかった。この日は朝から降り続く雪で除雪が追いついていない。さらに峠は猛吹雪で視界3m。一寸先は闇。途中事故車両とパトカーを見かける。長い長い峠を抜けたと思ったら町の道路はブラックアイスバーン。なんとか事故も無く無事家まで辿り着いたのでした。おしまい。
[PR]
by natamine | 2005-01-04 09:32 | DIARY

富良野

c0000751_9351334.jpg1/3,4富良野へ。高校の友達S田の実家が富良野にあり、以前から行く行くと言っててやっと実現。同じくオナ高のホリンキーも一緒にいくことに。実家のトヨタカリーナ('85年式超オンボロ)を拝借し8:30に新札幌駅でホリと待ち合わせし国道12号をまっすぐ岩見沢へ。三笠、桂沢湖を抜けて富良野へ2.5時間。富良野市に入って最初のセイコーマートでS田と待ち合わせ。まずは本日の宿となる富良野スキー場の麓にあるS田家所有のコテージへ。

c0000751_1043328.jpgさすが外科医の息子S田君、セカンドハウスをお持ちとはお金持ちっぷり発揮しすぎです。荷物を置いてスキーウェアを着て新富良野プリンスホテルへGO!なんとS田兄がここで勤務しておりリフト券からスキー一式ウェアまで無料でレンタルさせてもらっちゃいました。ホントありがとうございます。ちなみにここのリフト券は顔写真付。譲渡防止のためでしょうか。昼食はS田が「人生2番目にうまい」と豪語する“スキー場の”味噌ラーメンを食す。うま。

腹が満たされたところで、早速101人乗りのゴンドラで山頂へ。富良野スキー場はコクドが開発元なのでゴンドラもライオンズカラー。この日は最高気温8℃もあり雪も溶け、下界は雨となる最悪のコンディション。しかし山頂付近はいい感じの雪に変わっていた。そして遅れ馳せながら人生初のカービングスキー。はじめは不安定な感覚にどうも馴染めなかったが、谷足加重ですべる事でコツをマスター。徐々に慣れると大回り小回りも自由自在。特に小回りがよく効いて高速ウェーデルンも楽々とこなす性能だ。ビンディングはブーツのサイズが違っても簡単に調節可能なのも最近のスキーの特徴だ。いやぁ進化してますなぁ。c0000751_9423215.jpgc0000751_947281.jpgc0000751_948361.jpg

この写真を撮った直後S田は止まりきれずにそのまま俺に激突タックル!デジカメが吹っ飛び雪まみれに!あぁ~!か、カメラがぁー!ま、俺もカメラも無事でしたが。この日はパウダースノーとまではいかないものの、雪質はまずまず。結局ナイター券も購入し夜7時まで滑る。日頃の運動不足などものともせず、疲れを知らない若者のように滑りまくった俺らは次の日激しい筋肉痛に見舞われたのは言うまでもない。

c0000751_10181027.jpg温泉に入り疲れを癒す。晩飯はS田母お勧めの市内にある「平和苑」という焼肉屋へ。コンビニで酒とつまみを買って夜遅くまで酒を酌み交わすのでした。コテージは木のぬくもりのあるはとても暖かい山の家でした。明日はこの旅のメインエベント「北の国から2005 激写 ~父さん事件です 電気はないんですか?電気なんて必要ないんですよ~」
[PR]
by natamine | 2005-01-03 10:36 | DIARY

オナ中飲み会

中学飲み会in地元の白木屋。今回はいつも会っていメンバーにとどまらず更に派生させて総勢13人で飲む。中学卒業以来(つまり13年ぶり)のヤツも居てかなり楽しい宴。「懐かし話」と「今アイツは何してる話」が一番盛り上がるネタである。俺は今回の宴に備えてとてもビッグなネタを仕込んでいた。○○君がオカマになったというとっておきのやつを。案の定全員驚嘆の嵐。そしてなぜか俺が誇らしげな気持ちになる(笑)

ム○結婚おめでとう。当時は変人だったやつが真っ当な人間になっていて驚く。か○だいB○SCH転職おめでとう。君が外資系なんて信じられんっ!などと近況サプライズネタもこうゆう飲み会では定番だね。写真とりまくったので公開したいのだが、誰にも許可を取ってないので(過去に許可なんてとったことないのだが)一応俺とや○まーだけで。
c0000751_21415985.jpg

[PR]
by natamine | 2005-01-02 20:50 | DIARY

賀正

あけおめ。ことよろ。みなさんいかがお過ごしですか?おもちは食べましたか?僕なんか雑煮、あんこもち、くるみもち、しょうゆもち、きなこもちをたらふく食べましたよ。みなさん初詣は行きましたか?僕は初詣とか行ったことないんですよ。今年もきっと行かないです。

元旦にしちゃめずらしく快晴でした。気持ちが良かったのでちょっと近所を散歩。小学校の校庭です。冬は基本的に雪中サッカーとかします。誰もまだ踏み入れてない深雪でいい感じ。
c0000751_16243499.jpg

小学校からの帰り道。とても田舎のように見えますが実際ホントに田舎なんです。
c0000751_16375423.jpg

今日は元旦ですが映画の日でもある。これから家族と映画を見に行きます。あまり期待してないけど「ターミナル」見に行きます。今年の目標は禁煙とダイエットにしようかと思う。
[PR]
by natamine | 2005-01-01 16:46 | DIARY

大晦日

c0000751_2327467.jpg帰省。相鉄線が大雪でストップ。最悪。もしや飛行機も欠航しているのではと思いAIR DOに勤める友達に電話。飛行機は普通に飛んでいるとのこと。やばいなんとしてでも空港まで行かなくては!仕方なくバスに乗る。大渋滞のせいで運転手は「横浜駅にいつ着くかわかりませんよぉ」と言う。しばらくして外を眺めると平行して走る電車がものすごい速さでバスを追い抜く。なんだよ復活したのかよ!離陸30分前に羽田着。余裕じゃん焦って損したわ。
c0000751_23301414.jpgそういえば12/1に第二エアターミナルがオープンしてからはじめての羽田。AIRDOのチェックインカウンターは一番端っこですごく遠い。さらに搭乗ゲートも一番奥ですごく遠い。なんだか不便になった気がする。でも空港内はすごく綺麗でソウルのインチョン空港を思わせるスタイリッシュな感じ。イスの数が断然に増え、くつろぎスペースが多い。でもスタバは要らないからネットカフェ作ってくれ。

やはりこちらの寒さは東京とは一味違う。息を吸い込んだ時に肺に入ってくる空気が冷たいのがよくわかる。実家に帰ってすぐ飯。年越し蕎麦を食いながらDYNAMITEでボビーの勝利を見届け、魔裟斗 VS KIDに興奮し、紅白を見たりレコ大見たり。いよいよってかんじだ。
[PR]
by natamine | 2004-12-31 23:02 | DIARY

仕事納め

派遣先での最終出勤日。終わらなかったBRACKET;FOG LUMPの設計をマスケン殿に強引に引き継ぐ。ホントすんません。この御礼は年明けのリレーで埋め合わせしますので許すて。引き継ぎ、紙資料をシュレッダー、大掃除、パソコン内のデータ整理、そしてお世話になった部署へ挨拶まわり。かろうじて涙は流すことなく無事終了。そのままみんな冬休みに突入するためあまり会社を辞める実感がなかったのだが、さすがにお世話になった方々から頑張ってねと言われるとついつい感傷的になってしまうわけで。頑張らなくては!いすゞ○ンジニアリングの皆さんどうもありがとうございました。お世話になりました。本日より無期限連続長期休暇頂きまぁ~す(^^)/
このあとSSDとマッキーと3人で関内の横浜カレーミュージアムへ。4軒ハシゴしてまじ動けん。
c0000751_23245613.jpg

[PR]
by natamine | 2004-12-28 23:31 | DIARY

忙しい日々

相方が所属しているサッカーチームが天皇杯出場を目指しての試合が湘南台であるらしく、バイクを貸してくれと頼まれ俺は勝利を願い快く引き受ける。おまけに給油までしてくれて返してくれた。君はホントにデキル相方だよ。

c0000751_218729.jpg翌日のバンド練習に備えベースの練習をして、散髪、NOVA、その後SSD&マッキーから夕飯のお誘いを受けこれまた快く引き受ける。SSDのアコードワゴンに乗って、以前から気になっていた環状4号沿いにある「くら寿司」へ行くことに。もちろん回転100円均一。30分以上も待たされ、否応無しに期待は高まる。いざBOX席へ。ここは徹底したコスト削減のようでお茶はパックではなく粉末。醤油の受け皿もない。(ある意味手抜きとも言う)。板前は雇わず個別注文の場合は席にあるタッチパネルで(写真参照)。頼んだものが流れてきたらブザーが鳴る仕組み。なかなか画期的でおもしろい。

c0000751_2173533.jpgc0000751_2175374.jpgしかーし!肝心の寿司までコスト削減気味。。。シャリは異常に小さくくずれやすく、ネタの種類も少ない。味もイマイチ。コストに見合わないネタは1カンのみ。シャリからすべて落下した4匹の甘エビ。シャリと完全に分離したボタンエビ、シャリに乗っかりきれていないあなご(写真参照)。どうも食欲をそそられません。茶碗蒸しが一番おいしかった・・・ってそりゃないよなぁ。ここに2度と来ることはないでしょう。あえて伏字にはしませんよ、はい。

我邸に戻り「在庫処分セール」開催。SSDにはカー用品・棚・洋服ハンガーを提供。マッキーにはビデオデッキやナッチビデオアンソロジー全15巻をプレゼント。もれなくオプションとして要らなくなった服、靴、傘などをなかば強引に差し上げる。しかしまだまだ処分しなくてはならないものが沢山ある。これを機に一気に処理しなくては。
[PR]
by natamine | 2004-12-25 00:00 | DIARY

聖夜

一昨年のイブの夜。ビバレンメンバーと踊場のタコス屋ナパームへ行ったっけ。サンタの格好をしたチ○ちゃんと2ショットで写メ撮ったのがつい最近のことのようだ。あのミニスカサンタはヤバい。SSD曰く、あのサンタの衣装は自前ではないかというウワサ。だとしたら普段はいったい何に使うのだ。サンタプレイしか思いつかない。

昨年のイブの夜。ビバレンメンバーと踊場のタコス屋ナパームへ行ったっけ。サンタのお姉ちゃんは居なかった。

今年のイブの夜。普段と同じように、いやむしろそれ以上に忙しく仕事している俺。最後の最後で難関な仕事を抱える。そんな俺を尻目にSSDとT馬氏とセクシーとコジコジはまたナパームへと向かったようだ。

そして俺は大晦日のボビー戦に備え、より一層トレーニングに励むのだった。
c0000751_0315224.jpg

[PR]
by natamine | 2004-12-24 23:57 | DIARY