カテゴリ:MELBOURNE( 254 )

17 JUN 2006 Perth3

Cityから電車とバスに乗ること30分。Scarborough BeachというところでBBQ。これまたKojiの友達からのお誘い。Kojiは相変わらず顔が広い。メルボルン同様、街を歩けば誰かに出会う。BBQ天国オーストラリア。何回やったか数知れず。BBQは大人数に限りますな。
c0000751_13585593.jpg

現在のパースは冬にも関わらず最高気温は20度。ジャケット要らず。これがメルボルンと比べて良いところ。メルボルンはマジ寒すぎるもんなぁ。ポカポカ陽気でなんだか春みたいだ。ビーチで皆足だけ浸かって束の間の夏気分。
c0000751_13592634.jpg

がっ!某Koreanの男が運悪くコケて全身びしょ濡れになってからがさあ大変だ。みんな次から次へと海へ服のまま入って行くではないか!おいおい、俺は絶対嫌だぞ!冬ですよ旦那。しかしその場のノリがそんなことを許すわけもなく結局全員海で泳ぐことに。Kojiはメガネを海中に紛失。全員震えながらCityへ戻る(笑)なんであんな展開になったのかわからん。青春という名の意味不明行為なのか。後で思えばおもしろい出来事だったけど、もう2度とやらんぞっ。
c0000751_141413.jpg

[PR]
by natamine | 2006-06-17 13:58 | MELBOURNE

16 JUN 2006 Perth2

Kojiに連れられてフリースクールへ。相変わらずKojiの英語に対するモチベーションは高い。メルボルンに居たときからそうだけどよくも飽きずに常にモチベーションを保っていられるなと感心してしまう。Perthに来て英語の勉強するとは思いもしなかったけど、まあいっかぁ。午後は市内散策。写真取りまくる。

London Court:Londonの下町のような雰囲気を醸し出す
c0000751_13544035.jpg

The Bell Tower:スワン川のたもとに建つタワー
c0000751_13553280.jpg
South Perth(CITY対岸)からみたCityのビル群
c0000751_13562484.jpg

Perthがどれだけ美しくキレイな街というのがおわかりいただけるでしょうか。よくメルボルンはヨーロッパの雰囲気を持つ街だと言われるが、俺が思うにパースの方がよっぽどヨーロッパ的だ。夜はYHAでKojiの友達のお別れカレーパーティ。俺はパースに旅行に来たというよりも普通に生活している気分だ。それも悪くない。
c0000751_13565914.jpg

[PR]
by natamine | 2006-06-16 13:53 | MELBOURNE

15 JUN 2006 Perth1

メルボルンから飛行機で4時間かけてパースに到着。シャトルバスでYHAまで直行。ここのYHAに2ヶ月も“住んでいる”Kojiと約1年ぶりに再会した。Kojiとはメルボルンの学校で出会い、そしてワーホリビザの改定が施行されるやいなやファームで3ヶ月働き見事セカンドワーホリビザをゲットした鉄人である。まさに先駆者と言っても過言では無い。
c0000751_13442789.jpg
KojiからYHAの割引券を貰い俺もここに泊まることに。3月にオープンしたばかりの新しいYHAにも関わらず1泊$16と激安。この建物は文化遺産にも指定されているとか。超キレイなバッパーで過去に俺が泊まったバッパーの中でも3本指に入る。
c0000751_13451817.jpg

早速KojiにKings Parkへ連れて行ってもらう。PerthのCity内にはBlue Cat、Red Cat、Yellow Catという3つのバス路線が走っており、驚くべきことにいずれも無料である。しかも電車もCity内なら無料。こんな街聞いたことが無い。Perthは公共交通機関に相当金を費やしていると思われ、バスはすべてベンツ社、しかも最新の低床車でオートマである。
c0000751_1345477.jpg

Kings Park。こんな美しい公園はかつて見たことが無い。小高い丘にある緑豊かな公園からはPerth市内を一望できる。芝はゴルフ場のグリーン並みに短くキレイに刈られ、どんな写真を撮っても絵になる。ここから見るPerthの美しいことと言ったら。。。マジで感動するよ。
c0000751_13463071.jpg
c0000751_13473786.jpg
c0000751_13481778.jpg
Kings ParkでKojiの友達6人と合流しピクニック。ただ全く知らない人達といきなり、というのは俺は正直ちょっと苦手であり。。。たとえそれが日本人でも。こうゆう人見知りな性格はオーストラリアに来てもあまり改善されないなぁ。
c0000751_13491629.jpg

このあと特にやることもなかったので皆と教会へBible Study。いやぁ、キリスト教に全く興味の無い俺にとってはつまらんことこの上なし(笑)晩飯に「TAKA」というジャパレスへ。ここの定食は安い・旨い・早いの3拍子揃ったナイスレストラン。これがメルボルンにあったら絶対流行る。今晩はサクっと就寝。
[PR]
by natamine | 2006-06-15 13:43 | MELBOURNE

14 JUN 2006 明日から

すっかり冬の気配漂うメルボルン。明日からPerthへ1週間+Ayers Rockへ1週間、計2週間の旅に出ます。オーストラリアの旅行もこれで最後だ。旅の記録はメルボルンに帰って来たらアップします。
[PR]
by natamine | 2006-06-14 13:03 | MELBOURNE

13 JUN 2006 Cambridge FCE Exam

オーストラリア滞在における俺の英語の集大成とも言えるCambridge FCE試験。今日は先週行われたSpeakingテストを除く4教科。ちなみにSpeakingは最悪でした。回答に困って止まってしまったり質問と関係ないことしゃべったり。なんとかボーダー越えることを祈るしかない。そして本日残りの4教科を受験。Readingは今までで一番難しく適当に書いた答えが多々。。。Listening, Writing, Grammerはなんとかなったと思う。しかしこのテストのやっかいなところはすべての教科で60%以上のスコアをマークしなければ合格にならないというところ。ひとつ落しただけでも不合格になってしまう。結果は2ヵ月後。正直自信無いっす...

夜はクラスメイトと先生と「La Porchetta」で最後のディナー。しかも学校からのおごり!「Lounge」で飲み、「Joint」でKOREA vs TOGOをKoreanのクラスメイトと観戦。さすが韓国、後半見事に盛り返して2-1の逆転勝利。嗚呼韓国がうらやましいなぁ。
c0000751_12573710.jpg

[PR]
by natamine | 2006-06-13 12:56 | MELBOURNE

12 JUN 2006 Queen’s Birthday

明日はいよいよCambridge Examである。最後の追い込みとばかりに図書館で勉強。ってゆうかここ最近全然勉強してませんけど。。。意味無いとわかりつつも無駄に足掻いてみる。夜はYoung Pyo&その彼女といつもの「Lounge」でDinner。ここは毎週月曜夜6時からスペシャルディナータイムとなり激込みだ。正直食い飽きたけど安いからまた来ちゃったよ。
c0000751_12554616.jpg

そして今夜はワールドカップ、オーストラリアVS日本。俺のホームグラウンド「International Backpackers」で観戦。ここの1階にあるPUBはそこそこ広くて大きなスクリーンがあるので観戦にはうってつけの場所。Young Pyo&その彼女も合流。結果はご存知のように、、、明日は大事なテストがあるってのに!
c0000751_125679.jpg

[PR]
by natamine | 2006-06-12 12:53 | MELBOURNE

11 JUN 2006 Good-bye Byung Jae

俺の親友、韓国人のByung Jaeが帰国する。彼とはもうかれこれ1年の付き合いだ。学校で出会って以来ずっと仲良くしてきた友達。5ヶ月間一緒に住んでいたこともありもはや家族のような存在だ。日本にとても興味がありユーモラスで男らしくてやさしいやつ。日本語を教えたり韓国語を教えてもらったりしていつも笑いが絶えなかった。B型特有の性格が災いしてしばしばトラブルを起こすこともあったが俺に対してはいつも好意的でやさしい。
c0000751_12415948.jpg

1ヶ月前ウチの母親と妹がメルボルンに遊びに来た時、Byung Jaeが2人のために韓国料理を作ってくれると言ってくれた。いつも俺に飯を作ってくれてはいたけれど、まさかウチの親にまで振舞ってくれるとは想像もせず彼の好意が本当にうれしかった。俺の母親のことは何て呼んだらいい?とか他人に失礼のないように、特に年上の人に対して敬いの心を持つ韓国人ならではの気遣いに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいだ。
c0000751_12513557.jpg

しかし最後の最後にBJはやらかしてくれた。今朝9時半の便でメルボルンを発ったはずのBJから11時に電話が。あれ?と思いつつ電話に出ると、、、なんと寝坊して飛行機に乗り遅れたらしい(笑)本当にいるんだねぇ世の中にはそうゆうひとが。結局今日も会って笑いながら最後に別れを交わした。BJは次の日の便で無事帰国した。さらばBJ。すっげー楽しかったよ。またいつの日か会えるのが楽しみだ。

午後、ゴールドコーストから来客あり。半年前ケアンズを旅した時にスキューバダイビングのレッスンを一緒に受けたYoung Pyo&その彼女がはるばる俺を訪ねにメルボルンへ。ウチから徒歩3分のInternational Backpackersを紹介。ぷらぷらCity内を案内してLygon St(イタリア人街)にある、とあるイタリアンレストランへ。
c0000751_1251596.jpg

[PR]
by natamine | 2006-06-11 12:40 | MELBOURNE

09 JUN 2006 FINALY

12週間のケンブリッジ試験対策コースが今日終わった。長いようであっという間だった。これで授業が終わってしまうのは少し寂しくもある。でも嬉しい気持ちもある。なぜなら素晴らしい先生とクラスメイトに出会えたから。
c0000751_1147492.jpg
Justinは今まで会った先生の中でベストティーチャー。エネルギッシュで情熱的そしてなによりわかりやすい教え方。彼の授業ならもう一度受けてみたいと思う。もう1人の先生Cameron。ちょっと特異なキャラクターの彼は人を楽しませるのが大好き。彼の授業はいつも笑いが絶えなかった。もちろん先生としての実力も確かで彼のおかげで俺のGrammerとWrithigは飛躍的に向上した。
c0000751_11471431.jpg
そして12人のクラスメイト。多国籍に富む我がクラスは皆個性が強くそして意欲的。俺は多くの刺激を受けました。一緒に頑張ってきた皆に感謝せずにはいられません。しかーし!まだ卒業の実感が無いのはまだ最終関門であるテストが残っているため。来週の火曜日が決戦の日だ。
[PR]
by natamine | 2006-06-09 11:45 | MELBOURNE

01 JUN 2006 ひさしぶし

久しぶりに日記書きます。3ヶ月ぶりかなぁ。これまで結構こまめに書き続けていたんだけど一旦書かなくなるとホントに書かなくなるもんだね。この3ヶ月はたいしたネタになるものもなかったのと、最近の自分の日記が日々あったことをずらずら並べ立てる面白みのないものになっていて、自分でもちょっと飽きていたのが原因なわけでf(^^;しかし3ヶ月間さぼってしまったのも少し後悔。このBLOGの目的は日本に帰ったあと、もしくは何年かしたあとにその時あったこと・考えていたことなどオーストラリアの生活を思い出すための完全自己満足的ブログなわけだが、この3ヶ月は空白の3ヶ月になってしまいそうだ。
c0000751_13535086.jpg

この3ヶ月にあったことと言えば、バイトを続けながらまた学校に通いだし、日々そんな生活の繰り返し。そしてこの間に多くの友達が帰国した。新しい友達も色々出来たけど長い付き合いだった友達が続々とオーストラリアを離れる中、俺もオーストラリアはそろそろ潮時かなとも最近思う。やりたいことはほぼやったしな。。と、最近感傷に浸ることも多い(笑)それに最近は日本のことをよく考える。帰ったら誰にあって何しようかとか、仕事のこととか、日本はどう変わっているのかなとか。帰ってから考えりゃいいことなんだけどさ。
c0000751_1354688.jpg

さて現在はGEOSのケンブリッジ試験対策コース(12週間コース)に通っております。それも来週で終了。そのあとに試験が待ち構えている。正直これが結構プレッシャーなわけで早く開放されたいというのが正直なところ。今後の予定としては試験が終了次第、パースとエアーズロックに旅行に行きます。オーストラリア滞在も残すところあと1ヶ月。あっという間なんだろうな。
c0000751_13542298.jpg

[PR]
by natamine | 2006-06-01 13:53 | MELBOURNE

18 FEB 2006 Melbourne Motor Show 2006

Melbourne Exhibition Centreで開かれているメルボルンモーターショーに行った。国内外の大手自動車メーカーが数多く出品。といってもオーストラリアの国産車はHOLDENだけですが。東京モーターショーと違うところといえば、部品メーカーが出品していない、バイクが無い、コンセプトカーがほとんど無い、コンパニオンが全く居ないということかな。小生にとってはコンパニオンが居ないのはホント寂しすぎです。なので日本みたいにパニオンコン目当てのキャメラ小僧は居ません。TOYOTAなんかは受付にキレイなパツキンのお姉ちゃんが居ましたが、カメラを向けている人は皆無です。
c0000751_1213967.jpg

さて車の方はというと、前述のようにコンセプトカーを作っているメーカーは俺の見た限りではHOLDENのみ。(さすが開催国、頑張ったなという印象です)。また日本のように新車発表会的なイベントもありません。基本的には既に市場に出回っている車を取り揃えたという感じ。なので若干華やかさに欠けます。
c0000751_12132123.jpg

HOLDENのコンセプトカー「EFIGY」
c0000751_12133440.jpg

ヤン車な感じが俺好みです。色がパープルというのもたまりません。
c0000751_12134515.jpg

クラシックな雰囲気を出しつつも近未来的なデザイン。なかなか斬新だ。
c0000751_12135821.jpg

あと日本と違うのは車のパンフレットやカタログを配るというよりも、おまけの景品類が充実していて各社はポスターやトートバッグなどを無料で配布していた。これをかき集めている子供の姿が目立った。ポスターはお得感があってなかなかよいです。
c0000751_1214996.jpg

俺は外車にはあまり興味は無くやはりついつい日本車のブースが気になってしまうところ。日本メーカーはTOYOTA・HONDA・MAZDA・NISSAN・MITSUBISHI・LEXUS・SUBARU・SUZUKIの8社。
MAZDA6
c0000751_12145790.jpg

車が少しでも好きな人は見ているだけでも楽しいと思う。このモーターショーは4月2日にあるF1グランプリのプレ・イベントでもありこれからメルボルンはF1に向けて盛り上がっていくところ。3月中旬にはコモンウェルスゲーム(英国連邦オリンピック)も開催されオーストラリアの中でもメルボルンが一番アツイ!
c0000751_1215883.jpg

[PR]
by natamine | 2006-02-18 12:12 | MELBOURNE