2006年 07月 07日 ( 1 )

07 JUL 2006 My Australian Life

オーストラリアに来てかなり活き活きと生活させてもらいました。社会人時代何も目標が無くただなんとなく生きていたあの頃と比べると精神的にも肉体的にも余裕があり意義のある生活だったと思う。オーストラリアでの経験を通して自分の考え方や行動はかなりポジティブになったと思うし、成長したなと自分でもわかる。

オーストラリアにまだ来たばかりの頃、ちょっとした会話やビール一杯頼むだけでも緊張していたあの頃と比べると英語も成長したなと思います。そして海外に住むということがそんなに難しいものではないということ。どこでもやっていけるという自身がついたと思う。もちろんいろんな人の助けがあってのオーストラリア生活だったのは言うまでも無い。

結局ずーっとメルボルンに居座ってしまった。1年半の間にいろんなところに旅行に行って、色々見てきたけどやはり旅行するのと住むのとでは大違いなわけで。ワーホリ時代に他の都市に住んでみればよかったなーと少しだけ後悔しています。日本じゃ他の街にぽんぽん移動なんて簡単に出来無いからね。住んでみてわかるその街の良さ。パースに住んでみたかった。しかしメルボルンにずっと住んでいたからこそメルボルンを十二分に満喫した。メルボルンが大好きだ。

オーストラリアでの日記の更新はこれで最後。昨日はクラスメイトとパーティ。みんなにさよならを言ってもなんだかまた来週にでも普通に会いそうな感じだ。だから不思議と悲しくない。そして今夜最後のパーティをやって、深夜オーストラリアを発ちます。タイを経由して日本には7月15日に帰国します。さようならありがとうオーストラリア。うーん、悲しいんだかうれしいんだかとっても複雑な気分だ。
[PR]
by natamine | 2006-07-07 10:20 | MELBOURNE