2006年 07月 03日 ( 1 )

03 JUL 2006 比較検討

オーストラリアと日本を比較して、有るもの無いもの、個人的に列挙してみます。

オーストラリアには・・・

Backpackersが沢山ある
どんなに小さな街でもバッパーもしくはMOTELなどの安宿が必ずと言っていいほどある。特に世界各地から若者達が集まるオーストラリアではバッパーは必要不可欠。値段は$20前後で相部屋が基本。日本にバッパーがほとんど無いのは民宿などの素泊まり可能な宿があるのと、日本各地を宿を泊まり歩きながら旅行するという形態があまりメジャーではないためと思われる。Backpackersが日本にも普及すると面白いんだけどな。

便利なラウンドアバウト
ラウンドアバウトとは交差点にある交通システム。詳しくはこちら。これは信号要らずのすぐれモノ。渋滞の無いオーストラリアならではのアイディアだと思う。この仕組みを知らないでラウンドアバウト内に突入するととても危険な目に遭う。

フリーハイウェイ
高速道路が無料って日本じゃ在り得ない。一部都市部の高速は有料(メルボルンの場合)だが大方無料。

トイレットペーパー
トイレの個室には必ずトイレットペーパーが補充されている。駅のトイレや公衆トイレでさえも。これはマジありがたいっす。ポケットティッシュの自販機を備え付ける日本のせこさが理解不能です。

開業医があまりいない
日本では○○医院、△△歯科、□□接骨院など街の至る所で見かけるが、オーストラリアでそれを見かけるのは難しい。理由の一つとしてはオーストラリアは慢性的な医者不足だと思われるが、正確な理由はわかりません。うーんなぜだろう。

公園に無料のBBQスタンドが数多く点在
BBQ大好きオージー。ビーチ近くの公園、川沿いの公園、はたまた普通のローカルの公園までBBQの出来るところが多数。オージーは季節に関係なくいつでもどこでもBBQ。俺も何度やったことか。大好きなオーストラリア文化の一つです。

フリーコール
一般電話(もしくは公衆電話)から一般電話への市内通話は50セントで時間無制限である。携帯電話も同じ携帯会社同士なら無料通話があるなど電話に関しては日本よりも格安。しかしなぜか高速インターネットの普及はまだまだ。ダイヤルアップが未だ普通です。なぜ。

台所のシンクがとても小さい
オーストラリアの七不思議のひとつ。とても小さくて鍋を洗うのが大変。家によっては大小2つシンクがありそれぞれの使い道が良くわからない。小さいほうは本当に小さい。オーストラリアは慢性的な水不足であることに起因すると思われる。シンクに水をためて洗剤を入れて洗うのが一般的であるが、我々アジア人はオーストラリアでもそんなことはしない。普通に水を流しながらじゃーじゃー洗う。しかもオージーは皿に付いた洗剤の泡を流さずそのまま。これにはビビった。

他にもまだいろいろあると思います。オーストラリア在住でこれを見ている方、他に何かあれば教えてくださいな。
[PR]
by natamine | 2006-07-03 09:57 | MELBOURNE