2006年 06月 11日 ( 1 )

11 JUN 2006 Good-bye Byung Jae

俺の親友、韓国人のByung Jaeが帰国する。彼とはもうかれこれ1年の付き合いだ。学校で出会って以来ずっと仲良くしてきた友達。5ヶ月間一緒に住んでいたこともありもはや家族のような存在だ。日本にとても興味がありユーモラスで男らしくてやさしいやつ。日本語を教えたり韓国語を教えてもらったりしていつも笑いが絶えなかった。B型特有の性格が災いしてしばしばトラブルを起こすこともあったが俺に対してはいつも好意的でやさしい。
c0000751_12415948.jpg

1ヶ月前ウチの母親と妹がメルボルンに遊びに来た時、Byung Jaeが2人のために韓国料理を作ってくれると言ってくれた。いつも俺に飯を作ってくれてはいたけれど、まさかウチの親にまで振舞ってくれるとは想像もせず彼の好意が本当にうれしかった。俺の母親のことは何て呼んだらいい?とか他人に失礼のないように、特に年上の人に対して敬いの心を持つ韓国人ならではの気遣いに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいだ。
c0000751_12513557.jpg

しかし最後の最後にBJはやらかしてくれた。今朝9時半の便でメルボルンを発ったはずのBJから11時に電話が。あれ?と思いつつ電話に出ると、、、なんと寝坊して飛行機に乗り遅れたらしい(笑)本当にいるんだねぇ世の中にはそうゆうひとが。結局今日も会って笑いながら最後に別れを交わした。BJは次の日の便で無事帰国した。さらばBJ。すっげー楽しかったよ。またいつの日か会えるのが楽しみだ。

午後、ゴールドコーストから来客あり。半年前ケアンズを旅した時にスキューバダイビングのレッスンを一緒に受けたYoung Pyo&その彼女がはるばる俺を訪ねにメルボルンへ。ウチから徒歩3分のInternational Backpackersを紹介。ぷらぷらCity内を案内してLygon St(イタリア人街)にある、とあるイタリアンレストランへ。
c0000751_1251596.jpg

[PR]
by natamine | 2006-06-11 12:40 | MELBOURNE