2005年 12月 12日 ( 1 )

12 DEC 2005 Airlie Beach

Airlie Beachというのはビーチの名前でもあるが町の名前でもある。ケアンズでは結局ずーっとYHAに泊まっていたので、今回Airlie BeachでもYHAに泊まることにした。しかしYHAによっても当たり外れはあるもので、ここのYHAはお世辞にもあまりキレイとは言い難い。レセプションの人はとてもよかったけど。
c0000751_10402025.jpg

ここエアリービーチに来たのにはワケがある。「Whitsunday Island」という島にある「Whitehaven Beach」に行くためだ。世界で5本の指に数えられるほどのきれいなビーチだそうだ。YHAのレセプションにはたくさんのツアーパンフレットがあってWhitehaven Beach行きのツアーを探した。日本人ぽい女の子も何か探しているようだ。そして俺に声をかけてもらいたそうなオーラを出していた(勘違いはなはだしいな)。でもせっかくなので声をかけた。「日本人の方ですか?」「はいっ」と笑顔で返してくる。この街で日本人を見たのは初めてだそうだ。どうやら彼女もWhitehaven Beachに行きたいらしく、じゃあ一緒にツアーに申し込みましょうという話になる。いろんなツアーの中から「Whitehaven Beach Ocean Rafting」という1日ツアー$92に申し込んだ。YHAの会員証を持っていると$12のLunchがタダで付いて来た。YHAカードはこんなところでも効果を発揮した。
c0000751_10404126.jpg

明日のツアー予約は完了し今日は特にやることがなかったので、Riek○と名乗る女の子と色々話をした。彼女は大学4年生で卒論を強引に早く終わらせて1人旅をしているんだそうだ。英語はあまりしゃべれないようで、しかも随分と頼りない感じ。でも初海外旅行でいきなり2ヶ月の旅らしく、その大胆さと行動力に驚かされる。どうやら数年後の語学留学を視野に入れての旅行らしく今回の旅行で気に入った街で勉強したいとのこと。俺はメルボルンのことしか知らないのでメルボルンのいいところを余すところ無く教授してあげた。メルボルンは腰を据えて勉強するには絶対にいい街だと思う。それから就職に関しても色々心配しているようで、俺は社会人がいかにつまらないかを余すところ無く教授してあげた。なんとも最悪なアドバイザーである。でもこれにはちゃんと意味があって、それだけオーストラリアでの滞在は素晴らしいということを俺は伝えたかったのだ。彼女は既にやさしいオーストラリア人に色々助けてもらったようでそれだけでもすごく感動していると言っていた。
c0000751_1041314.jpg

Riek○に別れを告げて、俺は食料の買出しに行き、晩飯を作った。そのあとは「ラグーン」でひと泳ぎ。なんとここエアリービーチにもケアンズ同様の人口プール「ラグーン」がある。やはりこれだけ暑いと泳ぎたくなる。エアリービーチの街自体は小さいけれど今は観光シーズン真っ盛りで多くの人で賑わっている。この雰囲気が最高だわ。
c0000751_10411743.jpg

[PR]
by natamine | 2005-12-12 10:38 | MELBOURNE