2005年 12月 05日 ( 1 )

05 DEC 2006 Kuranda Scenic Railway

キュランダという小さな街とケアンズを結ぶ観光列車、それがキュランダ列車。この列車は「世界の車窓から」にも登場した高原列車である。通勤用として使っている人はたぶんいないだろう。観光用の列車なので一日2便だけ。料金が片道約$30と超お高いので行きは$2バスでキュランダまで行き帰りに列車に乗ることにした。
c0000751_11573898.jpg

朝9時半にキュランダに着いたはいいが、肝心のキュランダ列車は14:00と15:00だけ。これは迂闊だった。こんな何もないところで1人でいったい何をすれば、、、と途方に暮れてもしょうがないのでブッシュウォーキングでもすることに。ブッシュウォーキングといえば、タスマニア以来ハマってしまったアウトドア・アクティビティの一つ。運良くここキュランダにもいくつかのブッシュウォーキングのコースがいくつかある。1時間ほどゆっくり時間をかけて熱帯雨林の中をウォーキング。しかし暑くて疲れを増す。。。
c0000751_11582996.jpg

c0000751_11584983.jpg
Lunchにジャーマンソーセージドッグとジャーマンビール。この暑さの中で飲むビールは最高にうまい!自分用のお土産にイかしたテキサスハットを購入。街中をプラプラするも特におもしろいことは無く時間が過ぎるのを待つ。日本人の店員に日本語で声をかけられるも日本語がわからないふりをして無視。
c0000751_1159818.jpg
c0000751_1159273.jpg

14:00キュランダ列車に乗り込む。車内はレトロな雰囲気をかもし出していていい感じ。車両自体も20両編成くらいのロングトレイン。俺は後ろの方の席でガラガラ。乗車10分ほどで最初の停車駅「Barron Falls」という駅に到着。といっても誰か乗るわけではなくここの美しい滝を見るため用の駅だ。
c0000751_120199.jpg

c0000751_1201983.jpg
c0000751_1203361.jpg

熱帯雨林をうねるように走る1時間半の旅はまさに「世界の車窓から」を彷彿とさせるのんびりしたものだった。
c0000751_121191.jpg

c0000751_1222759.jpg

[PR]
by natamine | 2005-12-05 11:55 | MELBOURNE