2005年 10月 09日 ( 1 )

09 OCT 2005 Picnic

知り合って3週間のMarik○という日本人の女の子が来週早々にメルボルンを発つらしく、今日は彼女をとりまく友達でお別れパーティ。彼女の提案で皆で「Royal Botanic Garden」でピクニックに行くことに。ガーデンシティの名を持つメルボルンを代表する公園の一つだ。各自食べ物を作って持ち寄る。Marik○は元英語教師だけあって英語は堪能。25歳のわりにはすごく大人びていて、外見というよりも人間的に。社交的で誰に対しても分け隔てなく接することが出来て、明るくて下ネタもいけるクチ。俺は何度も言う様に年齢性別関係無く人間的に尊敬出来る人が好きなのだ。Marik○はある意味憧れの存在でもある。
外国人との出会いはオーストラリアではもちろん多々あるけれども、今まで決して知り合う機会の無かったタイプの日本人とも留学を通して数多く知り合うことが出来る。そして年齢や性別関係なく仲良くなれるのは、皆英語という共通の夢を持ってここオーストラリアに来ているということ。こうゆう絆というかつながりはとても大事なものだと思う。ここで出会った人は皆何かしら夢や目標を持って来ている。(なんとなく来ているボンクラも居るが)そうゆう目的意識の高い人達と話をするだけでも触発されることが多い。そこで自分も頑張ろうって気になる。そんな現在の環境が好きだ。
c0000751_854519.jpg

[PR]
by natamine | 2005-10-09 08:48 | MELBOURNE