2005年 04月 26日 ( 1 )

26 APR 2005 Adelaide to Ballarat

出発前にちょっとだけ自由時間を設けてちょっとした市内観光にでかける。とは言っても特に買いたいものや行きたいところがあるわけでもなくぶらっと散歩。もう秋だってのにこの暖かさはなんだろうか。とにかく天気に恵まれたのが幸いだ。ってゆうかオーストラリアでは雨になることの方がめずらしいんだけど。アデレードはのんびりしてていいんだけど、観光向きの街ではないようだ。街並みもメルボルンと変わらないので取り立てて珍しいものがあるわけでもなく。
c0000751_15233867.jpg

今日は目的地Ballaratまで700km。メルボルン方向に向けてただひたすら走り続けるのみ。途中South Australia州とVictoria州の州境を越えたところで検問が。どうやら飲酒検問らしい。ドライバーYoheiは酒は飲んでいないがいささか緊張気味だ。ちなみにSouth Australia州の最高制限速度は110kmなのに対し、Victoria州は100kmだそうで、110kmのスピードのままでVictoria州入りする車が多いらしく、州境には警察がネズミ捕りをやっていることがしばしばあるようだ。
c0000751_15235480.jpg

大きなトラブルもなく夜7時過ぎにBallaratに無事到着。早速宿を探すもなかなか見つからない。ガイドブックに載っているユースホステルに電話するも満室。30分ほど街のなかを車でウロウロするも安宿が見つからない。このまま諦めてメルボルンまで帰る(100km)という手もあるけどね~なんて話をしてる時にBallarat駅前に怪しげなAccommodationを発見。「Reid’s Guesthouse」という古い洋館のような宿だ。まるで名探偵コナンに出てくるような“いかにも”なホテルである。4人で$109と値段も安めだったので泊まることに。
築30年とおぼしきその洋館は冷蔵庫・TV・ベッド・シャワーなど全てが年季が入っていてレトロ感満載である。早速バララットの街に繰り出すもここも非常に静かな街だ。Pizza屋にはいり皆黙々と食う。さすがにこの旅行も4日目となりほとんどが車での移動だったため皆疲れきっているようだ。
c0000751_15242630.jpg

それでも我々は食後は決まってPubに繰り出す。とあるホテルのPubが開いていたので入る。ビールとラムコークを注文。ここでも俺はバーテンのお姉さんに一目惚れ(笑)そのステキな笑顔にクラリときた。ヨンジュもベリィビューティフル!を連発。しかしこの夜ヨンジュのおホモだち疑惑が発生。なぜかYoheiのベットとヨンジュのベットの隙間が狭まってダブルベット状態になっているではないか!そういえば写真撮る時も妙に接近していたような気もする。。。そんな心配をよそに俺はYoheiに「Good Luck」とだけ告げ爆睡する。
c0000751_15244697.jpg

[PR]
by natamine | 2005-04-26 15:23 | MELBOURNE