26 FEB 2005 Sight Seeing1

ちょっくら観光へ。ヴィックラムが一緒に行ってもいいかい?と聞いてきたのでもちろんOKだよ!2人でSt. Kilda Beachへ。電車とトラムを乗り継ぐこと40分。今は夏だけどメルボルンはうだるほど暑くならないので何人かのキチガイさんを除いて泳いでる人はほとんどいなかった。なんとヴィックラムは初めて海を見たらしい。「salty!」とも言ってたな。海自体はたいして綺麗ではなかったけど、すごく穏やかで平和なところだった。
c0000751_7425735.jpg

c0000751_7435847.jpg

c0000751_7441512.jpg

ビーチの程近くにルナ・パークという遊園地がある。ここセントキルダのシンボル的存在で入り口がとても印象的。1912年開園で、最新式の乗り物はないものの地元の人ですごく賑わっている。特に小学生くらいの子供向けの遊園地だ。どことなくレトロちっくな雰囲気をかもし出してるのもいい。ヴィックラムはあらゆるアトラクションに対してスケアリーだとかクレイジーだとかデンジャラスだとか言ってたな。俺もだけど(笑)
c0000751_7443540.jpg

c0000751_7444712.jpg

このあとCITYに戻りQueen Victoria Marketに行くも既に5時で閉まってしまったようだ。そう、とにかくメルボルンは店が閉まるのが早い。店の売り上げ云々よりも各々の余暇を非常に大事にするオージー。平日も同様に大体の会社に残業は無く定時で帰ってプライベートタイムに時間を費やすのだ。すごくいいと思う。日本人が働きすぎだと言われるのもよくわかる。

この後、お互いの通っている学校を案内したり、してもらったり。なんと互いの学校は200mと離れていない極々近所にあったのでした。ヴィックラムが通うのは「William Angliss institute of TAFE」という学校。TAFEというのはいわゆる専門学校のこと。ヴィックラムはここでHospitalityを学んでいるのだ。俺が通う語学学校にもTAFEを目指している人がたくさん居る。ただしIELTSというオーストラリアではメジャーな英語検定試験で、ある規定の成績を残せないとTAFEには入学出来ないのだ。まずは英語が出来ることが必須なのである。オーストラリアで専門的な資格を取るべく多くの日本人がこのTAFEを目指しているというのをよく耳にする。主にTourismやHospitalityなどである。もちろんComputer系から、はたまたScuba Divingなんかもあるらしい。
c0000751_7452112.jpg

[PR]
by natamine | 2005-02-26 07:42 | MELBOURNE
<< 27 FEB 2005 Sig... 25 FEB 2005 My ... >>