13 FEB 2005 INDIAN

それにしてもインド人の発音を聞き取るのは難しい。特にRの発音はやたらと巻き舌だしWはヴォと発音するし、何を言ってるか分らないことがしばしば。そのたびにsorry?と言うのはこっちも気が引けるのだ。とは言ってもわからないままで適当に流すとあとでトラブルにも成りかねないし自分のためにもと思い、わかるまで聞き返しているのだが今後流暢によどみなく会話できる日は果たして来るのだろうか。

今日は学校の場所を確かめにCITYまで。今のところ俺の一番の良き理解者ヴィックラムに家から最寄り駅までの行き方を教えてもらう。ヴィックラムは日本に多少興味があるのか広島・長崎のことはどう思う?とか日本では何をやってたの?とか色々聞いてくれる。彼はインドのパンジャブ出身で現在はHOSPITALITYを勉強しているとのこと。ゆくゆくはインドに戻りレストランを経営したいらしい。顔を合わせるたびに笑顔で握手を求める好青年。馴れ馴れしいわけでもなく、でも好意を持って接してくれることがありがたい。俺は17歳の少年のそうゆう行為にただただ感心してしまうのだ。

で、家から徒歩5分の「DENNIS」という駅から電車に乗ること15分。CITYのど真ん中に学校を発見した。せっかく街まで出てきたので中心部を歩いて散策。メルボルンでは電車の他にトラムと呼ばれる路面電車が走っていて、これがまた街の雰囲気に非常にマッチしていてなかなかステキなのだがいかんせん路線が複雑すぎて乗りこなすにはある程度行き先とその名前を把握しておく必要がありそうだ。まだよくわからないことが多いが、街を歩いているだけで楽しく感じる。一人で知らない街に居るというだけで、大人になった気がする。いや、もう十分大人なんだけどさ(笑)きっともっと若いウチに来ていればその感動や捉え方も違っていただろう。

昼飯はマックでMcOZ(マックオージー)というハンバーガーをチョイス。VERY普通。晩飯はホストファミリーが経営する「HIMARAYAS」というインディアンレストランに連れて行ってもらう。もちろんカレー屋だ。店は雰囲気も良く味も良い。値段はそれなり。そしてなんとアルダッシュ、ギータ、デイジー、ヴィックラムの全員がここで働いているのだ。なので18~23時までは家に一人でお留守番です。

c0000751_9315117.jpg

[PR]
by natamine | 2005-02-13 09:29 | MELBOURNE
<< 14 FEB 2005 AMES 12 FEB 2005 メルボルン着 >>