12 FEB 2005 メルボルン着

メルボルンに無事到着。学校が手配してくれたピックアップサービスの人を見つける。どうやら俺以外にも同じく留学生が居るようだ。中国人ぽい女の子とタイ人ぽい男女2人。俺以外はどうやら結構英語が達者なようである。中国人ぽい女の子と2人で車に乗り込む。どうやらこれからホストファミリーのところへ向かうようだ。彼女はシンガポーリアンで英語も中国語も操るバイリンガル。メルボルン大学に行くらしい。ただの英語学校に行く俺とは全然次元が違うようだ。話を振ったり振られたりするも俺の英語が未熟なため会話らしい会話にならない。PARDON?と聞き返すと苦笑いされてしまうのが辛いなー。

ホストファミリーは全員インド系の方々。ホストマザーのアルダッシュと妹のギータ、そのいとこのデイジーと息子のカラン(4歳)、そしてインドからの留学生ヴィックラム(17歳大学生♂)の4人。俺の他に留学生がいるとは!この家にはホストファザーは居ない。それはともかく全員英語はしゃべれるんだけどインド人同士で話すときは当然ヒンドゥー語なのである。これにはちょっと参ったな。発音もかなり訛ってる。しかもインドレストラン経営とのことなので今のところ出してもらった昼食と夕食はいずれもカレーである。味は悪くない。しかしこれがもしや毎日続くのか。。。今日は旅の疲れがあったので一日中居間でマターリTV見たり自分の部屋で寝てたりして。とにかくできるだけ会話をしてコミュニケーションを図るようにしなくてはと思っているんだけどうーん、何をしたらいいのかよくわからない。そんな感じでホームステイ1日目はあっという間に終了。

c0000751_9283017.jpg

[PR]
by natamine | 2005-02-12 09:26 | MELBOURNE
<< 13 FEB 2005 INDIAN 11 FEB 2005 悪夢の... >>