19 DEC 2005 Good-bye & Thanks Herbert Family

午前中2時間だけ庭いじり。そして今日はここを離れる日。あっという間の1週間の滞在。ここで俺は本当のオーストラリアの家庭、すなわちReal Australian Lifeを見た気がした。家族みんな助け合って生きている。そしてみな明るく楽しくLovelyだ。俺はこの家族の一員になれたのかな?1週間は少し短すぎた気もする。もう少し長く滞在すればよかったかな。楽しくてお世話になりっぱなしのホームステイでした。この家を選んでよかった。WWOOFはまたトライしてみたい。今度は牛とか羊を扱っているファームに行ってみたいね。

記念写真。
c0000751_11145770.jpg
Bundaberg市内に戻りYoung-Pyoに電話をかける。ケアンズのダイビングで会った彼が今ここBundabergでピッキングの仕事をしていると聞いたからだ。久々に会った彼は日焼けして真っ黒だった。Young-Pyoはここで既に4日間働いているらしい。Junichiもどうだ?と誘われた。正直ピッキングはまるでやる気がなかったのだが、小遣い稼ぎにちょっとだけやってみようかしらと決意。彼の泊まる「Federal」というBackPackersについていくことにした。そのまま宿泊と仕事の手続きを一気に行った。
c0000751_1118386.jpg

夜はここのバッパーに併設されているレストランでピザを頼み、同じく併設されているボトルショップで「Bundaberg Rum Coke」を飲んだ。ここBundabergはRumの街なのである。ここで俺はとある女性に電話をかける。タスマニアを一緒に旅行したChiharuちゃんである。なんと彼女もまたここBundabergでピッキングの仕事をしているのだ。別のバッパーに泊まっているChiharuちゃんを呼び寄せて久々の再会を喜ぶ。おっしゃ!明日から早速仕事だ!
[PR]
by natamine | 2005-12-19 11:13 | MELBOURNE
<< 20 DEC 2005 Pic... 18 DEC 2005 Gar... >>