06 NOV 2005 Tasmania物語 ~第四章・Kayaking~

大寝坊して皆9時半に起きる。朝食と昼食をつくる。実は昨晩ここに泊まっている日本人の男性に出会い米を頂いたので昼食用におにぎりをつくることにした。三重出身の男性は息子夫婦がメルボルンに住んでいるらしく、旅行がてらタスマニアに1人で遊びに来たのだそうだ。タスマニアで日本人にあったのは俺らが初らしく、えらく喜んでいてそれに気をよくされたのかお米と大人のふりかけ、おにぎりの素を頂いた。Chihoちゃんはいつもはちゃらんぽらんな喋り方をするが、大人の男性と話をするときはずいぶん丁寧で愛想のいい喋り方をする。それもこれも彼女はおぢさん好きということに起因する。そして俺は久々に敬語をしゃべった。なにせこちらで俺より年上の日本人に出会うことは少なく、英語ならなおさら敬語どころではない。敬語を喋る自分にちょっと違和感を覚えた。
c0000751_2232649.jpg

このアコモの横にある湖でカヤックをやることに。全員カヤックは初体験だったが特に難しいことはない。男女ペアに別れ俺はChiho嬢と、YoheiはChiharuちゃんとペアを組む。女子が前、男子が後ろで漕ぐ。救命胴衣を着てオールを漕ぐだけの至って単純なボートだ。帽子・サングラス・日焼け止めクリームは必須。
c0000751_2253138.jpg

c0000751_22103611.jpg
これは二人の息が合わないとなかなか思うように進まない。息の合ったYohei&Chiharuペアに比べ、Junichi&Chihoペアは、、、カヤックもブッシュウォーキングと比べても遜色無い面白アクティビティ。大正解。次はChihoちゃんオススメのラフティングにもぜひ挑戦したいな。山と湖とカヤックそして美男美女?絵的にベストマッチだ。たっぷり2時間以上カヤックをやった。料金は1台1時間$20と激安。結局1人$10で済んだ計算だ。安っ!
c0000751_22104943.jpg

帰りに「Marakoopa Cave」という鍾乳洞に寄る。ここは映画「天空の城ラピュタ」に出てくるとあるシーンのモデルとなったところらしい。しかし4時半に現地に到着した我々は時既に遅し。4時でCloseでした。俺を除くラピュタファンの3人は非常に悔しがっていた。そんなうっぷんを晴らすべく帰りに「ハニーファームアイスクリーム」に寄り蜂蜜テイストの色んなアイスを食べた。どの味もウマー!
c0000751_22134312.jpg

いよいよ旅も終盤。Launcestonに戻り、Yoheiはシェアメイトのお土産用にタスマニアワインを購入。Chihoちゃんはなぜかここで「Yarra valley」のワインを購入。タスマニアンビールも4本お買い上げ。Launcestonの港でChihoちゃんによる巻きタバコ講座。タバコが板に付いていないYoheiのスモークショット。実は俺もこれを機に巻きタバコへとなったのだ。
c0000751_22171040.jpg
c0000751_22213484.jpg

空港までレンタカーで行きそのまま返却。旅のラストはタスマニアビールで乾杯。今回の旅で俺はすっかりタスマニア好きになった。自然の雄大さに感動したのもあるがなにより親切だったタスマニアの人々。そして一緒に旅を盛り上げてくれたYohei、Chihoちゃん、Chiharuちゃんに感謝です。
c0000751_22224962.jpg

[PR]
by natamine | 2005-11-06 22:00 | MELBOURNE
<< 07 NOV 2005 別れ旅立ち 05 NOV 2005 Tas... >>