22 JUL 2005 お別れディナー

前の学校で一緒のクラスだったHarumiさんがメルボルンを離れることになった。最初に行った学校で同じクラスで、歳が同じということもあり、以来とても仲良くしてもらって苦楽を共にしてきたいわば親友のひとりである。やはり日本人の友達というのはとても大切で、自分の微妙なニュアンスを伝え理解し合えること、いざというときにとても頼りになる存在。お互いの悩みを話しあったりしてとてもお世話になった人の1人である。

Harumiさんと同じく初期メンバーのYoheiの3人でオージービーフを食べに行くことに。Fitzroyにあるとあるステーキ屋さん。金曜の夜ということもあり念のため予約をしてから行くも、いざ店に入ると客はゼロ(笑)ひろーい店内に3人だけぽつんと座りなんとも居心地は微妙なかんじ。ワインの種類はやたらと多いのに肉の種類は少ない。ちなみにココはBYO(Bring Your Own)といってワインが持ち込みOKなレストラン。メルボルンのレストランではこのBYOを採用しているところが結構多い。とりあえず赤ワインを持ち込み、店主オススメの肉をオーダー。味は悪くなかったかな。。。この3人で集まるのはとても久しぶりで、久々に日本人だけでもちろん日本語でいろいろ懐かし話。メルボルンに来て早5ヶ月。お互いの英語は果たして上達したのか、、、うーむ、お世辞にもそうとは言いがたい。でもHarumiさんの英語は3人の中では一番上達しているのは確実で、今ここで日本に帰るのはとても勿体無い。彼女は英語を学ぶために来たわけではないと言っているが。

最後に俺とYoheiからサプライズなプレゼントを渡す。涙をうっすら浮かべながらとても喜んでくれた。嬉しくてちょっぴり悲しいとてもいいdinnerだった。
[PR]
by natamine | 2005-07-22 15:08 | MELBOURNE
<< 23 JUL 2005 BBQ 16 JUL 2005 Roy... >>