富良野2

c0000751_9331597.jpg富良野2日目。俺は言わずと知れた北の国からフリークである(いや対して詳しくもないのだが)せっかくなのでロケ地探訪へと繰り出す。まずは「三日月ラーメン」'84夏の終盤のシーンで黒板家族が訪れたラーメン屋。「子供がまだ食ってる途中でしょうがぁぁ!」のセリフはあまりにも有名だ。近年は北の国からブームにより店は大繁盛らしくお客さんはひっきりなしに来る。地元の人・スキー帰りの人・北の国からオタクの人等様々。

c0000751_9345071.jpgぶっきらぼうな女店員が「何になさいます?」と仏長面で聞く。俺は醤油ラーメンをオーダー。まさにドラマを彷彿とさせるシーン。嬉しいやら悲しいやら(笑)まさかこれもファンサービスの一環か?だとしたら彼女はかなりの演技派女優。リアルなあのシーンを思い出さずにはいられないのだ。で、味はカツオだしが効いた非常にあっさりしたラーメン。あっさり系に興味の無い俺もなぜか惹かれてしまう一品でした。

c0000751_947214.jpgこのあと車を郊外へと走らせる。まず見えてきたのは草太兄ちゃんの牧場(現在フェニックス牧場)、さらに純が通っていた中の沢小学校分校(写真参照)、「'87初恋」のヒロインれいちゃんの家を立て続けに発見。実は俺は今回のゆかりの地めぐりで一番行きたかったのは純とれいちゃんがびしょ濡れになって入った山小屋。あそこで尾崎豊の「I LOVE YOU」をウォークマンで聞く予定だったのだが、、、前日タクシーの運ちゃんにあれはもうないよと言われていたのだ。

c0000751_104564.jpgでも道を走っているとそれらしき山小屋は広い平原の中にぽつぽつと見える。ジモティのS田もその小屋は見たことが無く、発見に全力を尽くしてくれたのだが、ついにその小屋は見つからなかった。非常に残念。今度は麓郷を方面を目指す。まずは「'02遺言」で使われた「拾って来た家」(写真参照)入場料200円を取られる。完全観光地化されている。ここには実際のドラマでは出てこない純と結ちゃんの新居となる家もある。

c0000751_10171537.jpgこれはもしや続編があるのでは!という期待も抱かせる。家の中のセットも見ることができる。さらに吉岡秀隆と内田有紀の富良野での結婚式の写真もありファンにとってはかなり楽しいのだ。お土産屋でふらのぶどうジュースを購入。濃厚コクウマ。次なる目的地は「麓郷の森」。純が屋根につくった風車発電もそのまま残る家(写真)、'83夏で正吉が燃やしてしまった丸太小屋が残っている。しかし残念な事に家の中の柱や壁には多数の落書きが・・・。

c0000751_1026062.jpgストーブの上にはタバコの吸殻。誰だこんなところにだばこ捨ててのは!火事になっちまうじゃねえか!心無いファンのせいでせっかくの遺産が台無し。マナーだけは守って頂きたいです。このあと「布部」という駅へ行く。第一話で家族が最初に降り立った駅がここ。「北の国から此処に始まる」との倉本聰 の看板が。ここらで日没コールドゲーム。まだまだ見ていないロケ地は数多く存在する。これはまた夏に来なくては!写真は薪をくべる純役のS田と風呂につかる五郎役の俺。

c0000751_1221476.jpgお世話になったS田のご両親にご挨拶をすべく札幌で買ったお菓子を持ってS田実家へ。2年前に家を建てたらしいのだがTVも民放が入らないほど山奥。でも深々と降る雪と自然の豊かさにただただひれ伏すのみ。大豪邸でしばし談笑。このあとS田ご両親も良く行くという「北時計」という喫茶店へ。ここは「'95秘密」で宮沢りえ役のシュウが純に自分の過去を告白した場所。とても落ち着いた喫茶店でママは元女優。店員の女の子も可愛い(笑)

c0000751_10472811.jpgグリーンカレーを食す。独特な香辛料の香りと辛さ。スープカレーっぽくておいしかった。食後にチーズケーキとコーヒーを頼んだ。程なくしてS田ご両親も登場。仲良くカウンターに座り他のお客さんと新年の挨拶をして談笑している。ステキな夫婦。そしてコーヒーを飲んですぐに帰る二人。おやじさんがこちらのテーブルへ来て「また富良野にいらっしゃい」と言って俺らの伝票を持ち去る。「いやいやいや、そうゆうわけには」と発した俺の言葉を遮るように帰っていった。

c0000751_10512116.jpgお世話になりっぱなしの今回の富良野の旅。ありがとう!楽しかったです。再来年の夏にでもバイクツーリングしようかなぁ。
しかし帰り道はひどかった。この日は朝から降り続く雪で除雪が追いついていない。さらに峠は猛吹雪で視界3m。一寸先は闇。途中事故車両とパトカーを見かける。長い長い峠を抜けたと思ったら町の道路はブラックアイスバーン。なんとか事故も無く無事家まで辿り着いたのでした。おしまい。
[PR]
by natamine | 2005-01-04 09:32 | DIARY
<< 魚や一丁 富良野 >>