20 JUN 2005 Nuno Bettencourt Live in St.kilda

学校の授業を終えて即効家に帰り、仮眠を取る。夜の9時から行われるNuno Bettencourtのライブに備えて体調を整えておくためだ。7時半にPeterと一緒に車でSt.kildaへ。彼の勤めるホテルに車を停めてライブ会場まで歩いて5分。会場はThe Esplanade HotelというPUBだ。中ではPeterの友達4人が既にビールを飲んでいた。Peterが俺のことを友達に紹介してくれた。なんと彼らは皆Peterのバンドメンバー。歳はみんな俺と近い気がする。俺はここぞとばかりに積極的に話しかける。とにかく音楽と言う共通の趣味によって会話をなんとか膨らますことは出来た。学校で習ったことも応用できた気がする。ちょうど隣に座ったのがBassの人だったというのもラッキーでベース談義をちょっとだけすることが出来たのが嬉しい。Vocalの人はキャラ的に面白い人でいっぱい話しかけてくれたのも嬉しい。言ってることも大体理解出来たし。俺は酔っ払うとなぜかリスニング力が向上するのだ(笑)

PUBの奥の方にある音楽専用の会場に移動してビールを飲みながらライブスタートを今か今かと待ち続ける。オーストラリアのライブ会場には必ずと言っていいほどBarカウンターがある。日本もあるけど規模は小さい。こっちのはありとあらゆる酒を取り揃えていてBarスタッフはひっきりなしに働きまわる。とにかくライブが始まるまでの間、客は皆飲みまくるのだ。20分程遅れてバンドスタート。1曲目にソロ時代の「Kamaler」というコピーしたことのある曲を演奏。否応無しに興奮する。うおー!大学の時のバンドメンバー(ミヤ・サワイヤー・カズ)と来たかったなぁと思いつつも日本に帰ったら自慢しようとにやける俺(笑)人を掻き分けて前の方まで行くことが出来たが、みんな背がデカイので見るのも一苦労だ。客は600人くらいと決して多くはなかったけど、コピーしたことのある曲を3曲も聞けて、さらに新旧の曲を織り交ぜたナイスな構成。なによりエクストリーム時代の名曲「More Than Words」を生で聞けたこと、それを会場の観客みんなで合唱できたのがすごく嬉しい。風邪をひいていたことなどすっかり忘れさせてくれるほどいいライブだった。
[PR]
by natamine | 2005-06-20 11:01 | MELBOURNE
<< 01 JUL 2005 Busy 19 JUN 2005 Nun... >>