20 MAY 2005 Grilled Chicken

家の近くに「KFL」というアジアングロッサリーがある。文字通りアジア系のスーパーマーケットで特に鶏肉が安い。実は近所に住んでいるPassaraが今晩ウチに来てGrilled Chickenを作ってくれるのだ。なんと1kg(Chicken Wings10本相当)で$1.39というから破格。鶏肉にオイスターソース・醤油・塩・胡椒・ニンニクの微塵切り・Passara持参の秘伝の粉を浸してオーブンで焼くだけの簡単料理。さてウチで作るのはいいが、実はこの家でまだオーブンを使ったことがなく果たして稼動するのか不安だったが、案の定火が付かない。仕事中のBrianに電話して付け方を教わる。「とにかく点火ボタンを(高橋名人バリに)出来るだけ速く連打せよ」とのことだが何度やってもダメ。結局諦めて油でフライにすることに。その間に俺は釜飯(釜飯の素を入れるだけのヤツ)とチキンベジタブルスープを作る。うーん、二人で料理しているとまるでカップルではないか^^こうゆうのひさしぶり。

そうこうしているうちにピーターとジョアンが帰ってくる。彼らは既に外で飯を食ってきたようだ。Passaraはフレンドリーで人当たりがよくすぐに彼らとも打ち解け「よかったら一緒にご飯どう?」と誘う。俺はそうゆう大人な接し方の出来る人が尊敬できるし、好きなのだ。チキンも釜飯もスープもどれも美味しかった。そのあとワインホワイトを飲みながらDVDで「呪怨2」を観る。

11時になってBrianが仕事から帰って来る。PassaraはBrianを見て「safewayで会ったことあるよね?」と驚いた顔で言う。ブライアンは覚えていないようだ。ブライアンはプレイボーイなのでよく女性に声をかけるらしく、実は今の彼女も駅で声をかけて知り合ったらしい。ブライアンは俺らに気を遣ってか晩飯を持って笑顔で自分の部屋に消える。いやそうゆうんじゃないんだけどね(笑)Passaraは「Would you like a wine?」とか「Have a nice dinner.」とか「Have a good dream.」とその都度声を掛ける。初めて会った人だろうが、友達だろうが分け隔てなく接することが出来る彼女に人間的に尊敬せずにはいられない。俺もそうゆう人になりたい。
c0000751_11594050.jpg

[PR]
by natamine | 2005-05-20 11:57 | MELBOURNE
<< 21 MAY 2005 Get... 19 MAY 2005 Wha... >>