Gift of Gift

真夜中、突然玄関ポストがガサっと音を立てる。何?こんな時間(23:00)に配達してるの?見ると俺宛ての郵便物。会社からだ。「ギフトオブギフト」と書かれている。

なんだ、商品券か?もしかして退職祝い?いやいやふつうそんなもんよこさないよな。なんて考えながら包みを解く。開けると、三越の分厚いカタログが一冊。ははーん。さてはこれから選べというわけか。ってゆうかウチの会社も粋な計らいするじゃねーか!と思っていたら「のし」には「5年永年勤続者表彰」の文字が。あぁそうゆうことね。おっしゃ!

商品は百貨店モノとあってなかなかの品揃えの数々。センスもなかなかいいぞ。さて、どれにしようか、ひとつだけ選べなんてムズイ。なーんて見ていたら、申し込みハガキには「お届け先」と「送り主」を書く欄が。そうかこれは自分がもらえるものじゃないんだ。自分にギフト送ってもしょうがないよな。もちろんお届け先と送り主に自分の名前書けば自分とこに届くけどね。せっかくだから母親にでも送ってあげるかな。バカ息子もたまには親孝行しなくては。
[PR]
by natamine | 2004-12-22 23:59 | DIARY
<< 羅列 ジャパニングリッシュ >>