17 MAR 2005 Hear Salon

オーストラリアに来て早1ヶ月。髪もだいぶ伸びてきたのでカット。日本人美容師さんが働いているJ.F.YというHear Salonに学校帰りに行って来た。週3回しか出勤していないらしくその人の出勤に合わせて予約を入れるという形だ。オージー美容師にカットしてもらうことも考えたのだが、かなりバッサリいくらしく、それにまだ英語で伝えることに自信が無かった。俺はオージーのようなサラサラストレートではなくクセっ毛で太くボリュームが出やすい髪質なのでそのへんを理解してくれるであろう日本人の美容師さんに切ってもらいたかったからである。名前はSHINOさんという女の人。TAFEに通いながらバイトで美容師もしているとか。2年もオーストラリアに住んでいるらしく色々情報を教えてもらいました。どこどこのレストランが今バイト募集してるよとか、どこどこのホームステイは安くて料理もおいしくていいよとか、あそこの韓国料理は安くて美味しいよとか。今まで俺の周りにはメルボルン素人しか居なかったので、情報ツウの達人に今後も色々教えてもらおうかと思う。肝心のカットの方はというと、腕もそこそこのようで$15にしては仕上がりはまあまあだ。
c0000751_8245483.jpg

今日のACTIVITYは映画鑑賞をチョイス。本日は「The Grudge」。日本のホラー映画「呪怨」のハリウッドリメイク版である。主人公の女性が日本にホームステイして怪しい家で様々な恐怖に出くわすというストーリー。「呪怨」の監督がそのまま「The Grudge」でも監督しているので非常に日本的な仕上がりになっているがこれがかなり怖い。サーッと鳥肌が立つシーンが何度もある。それにしても映画に出てくる日本の風景ってなんであんなにジメっとしてるんだろう。それに例え現在の新宿の街が映し出されてもなんだか古めかしい感じがする。日本の都会の風景って決してモダンではない。映画は続編を期待させるような終わりかたになっていて、非常にもどかしい感じで終わる。(実際に「呪怨2」はあるんだよね?)映画を観終わった後、韓国人の女の子が「Japanese movie is very scary!」と言ってました。この映画は会話が少なく比較的簡単な英語なので理解しやすかった。刑事役で石橋凌が出ていたが結構英語がうまくてびっくりした。ちなみに主人公の恋人役で、俺の大好きなアメリカドラマ「Roswell」の主人公ジェイソン・ベアが出演しており個人的にナイスなキャスティングでした。

c0000751_8393692.jpgc0000751_843399.jpg
[PR]
by natamine | 2005-03-17 08:23 | MELBOURNE
<< 18 MAR 2005 let... 16 MAR 2005 Oh!... >>